忘年会で大活躍!超おすすめ大人数&少人数向けゲーム7選

忘年会ゲーム

きょーみ

こんにちは、きょーみです!

忘年会の準備を任された幹事のみなさま、会を盛り上げる余興の準備はバッチリですか?

「毎年決まってビンゴ大会だから、今年はちょっと違うゲームを試したい…」そんな方に朗報です!

ボードゲームが大好きな私きょーみが、忘年会で大活躍する超おすすめゲーム7選をご紹介します。

ゲームの選出にあたって、意識したポイントは3つです。

  • 最小限の準備で、超盛り上がるゲーム
  • 広大なスペースを取らずに遊べるゲーム
  • お酒が入れば楽しさ10倍!

遊ぶメンバーや景品の有無などの諸条件に合わせて、是非この中からあなたの会に合ったゲームを見つけてください。

年に一度の忘年会を盛り上げて、新しい年を笑顔で迎えましょう!

忘年会向けアレンジ案
忘年会向けのゲームアレンジ案をこのボックスの中にまとめています。参考にどうぞ!

忘年会で大活躍!
大人数向けゲーム

忘年会の1次会など、10人以上が集まる場におすすめのゲームを3つご紹介します。

大人数向けのゲームの盛り上がりは、幹事が周到に準備をし、当日スムーズに進行できるかどうかにかかっています。

ゲームのルールとポイントを確認して、当日スムーズに進行できるようにしておきましょう。

1. 紙とペンさえあればできる:最大数当てゲーム

最大数当てゲームは、誰とも被らない一番大きい数字を書いた人が勝ちというシンプルなゲームです。

参加人数分の紙とペンを用意します。少し多めに準備しておくと良いでしょう。

ゲームを始める時間になったら、参加者全員に紙とペンを配ります。

1~100までの数字の中で、一番大きい数字を書いた人が勝利します。ただし、他の人と数字が被ってはいけません

最大数ゲーム

司会者は全員に「紙に1つだけ、他の人に見られないように数字を書いてください。」と伝えます。

全員が書き終わったら、数字の発表に移ります。

その後司会者は100からカウントダウン方式で数字を宣言し、参加者に自分の書いた数字のタイミングで手を挙げてもらいます。

見事、誰とも被らずに一番大きい数字を書いた人の勝ちです。

司会者は紙に書かれた数字を確認して、景品を贈呈します。

司会者は、以下のように進行をすると良いでしょう。

それでは、発表して参ります…いきなり出てしまうのでしょうか…!?まず「100」を書いた人、挙手をお願いします!

…あーっと、「100」を書いたのは3人!惜しくもアウトです。3人は手を下げてください。さあ、続けて参ります…「99」を書いた人…

きょーみ

景品を用意している時に重宝するゲームです。紙とペンさえあれば気軽にできて、シンプルな駆け引きが楽しめます。完全に運任せのビンゴとは違った、自分の力で勝利を掴む嬉しさがあります。
忘年会向けアレンジ案
  • リハーサルをする
  • 時間が取れるのであれば、参加者にどんなゲームか把握してもらうためにも、1回リハーサルを挟むことをおすすめします。

    何回かに分けてゲームを行う場合は、紙を3回ほど半分に折って8等分し、1マスに1つずつ数字を書いていくようにするといいです。

  • 複数の景品を用意している場合〜その1〜
  • 景品の数が3個までであれば、3回勝負にして景品獲得のチャンスを増やすと盛り上がります。

    その際2回目、3回目のゲームは、一度景品を当てた人には抜けてもらいます。

  • 複数の景品を用意している場合〜その2〜
  • ゲームの参加人数と景品の数が多い時には、誰とも被らない一番大きい数字を書いた人を1位、誰とも被らない次に大きな数字を書いた人を2位…とすると、1回のゲームで複数の勝者を出せます。

    一番最初に当たった人から順番に、好きな景品を選べるようにするといいでしょう。

2. ピンチをアイテムカードで乗り切ろう!:キャット&チョコレート

『キャット&チョコレート』は自分に降りかかる様々なピンチを、手持ちのアイテムカードと話術で切り抜けるゲームです。

キャット&チョコレート-写真-イベントカード

『キャット&チョコレート日常編』のイベントカード

司会者は、イベントカードを1枚めくって読み上げます。

例えば、「目覚まし時計が止まっていた。このままでは遅刻だ」のようなお題が書いてあります。

回答者に3枚のアイテムカードを配ります。

このピンチを、イベントカードの山の一番上の数字分のアイテムカードを使って切り抜けます。

キャット&チョコレート-写真-アイテムカード

アイテムカードの種類も様々

短めのシンキングタイムを取った後、回答者は全員に解決策を発表します。

その後、回答がいいね!と思った人は「せーの」の合図で挙手をします。

過半数以上の人から支持を得られれば、1点獲得です。

キャット&チョコレート 超おすすめゲーム紹介

きょーみ

自由度の高い大喜利タイプのゲームです。イベントカードとアイテムカードの組み合わせで、面白い珍回答が飛び出します。『キャット&チョコレート』にはいくつかのバージョンがありますが、中でも「日常編」がおすすめです。回答者が全員の注目を浴びるゲームなので、会の雰囲気に合っているかどうかの見極めが必要です。
忘年会向けアレンジ案
  • 内輪ネタを盛り込む
  • イベントカードやアイテムカードに、あらかじめ内輪ネタを仕込んでおくと盛り上がります。

  • グループ対抗戦〜その1〜
  • 参加者が多ければ、いくつかのグループに分けてグループ対抗戦にします。

    各グループの代表者1人が回答者となります。

    時計回りの順にゲームを進めて何周かした後、最も多くのポイントを獲得したチームの優勝です。

    タイの場合はもう一回ずつゲームを行い、決選投票を行います。

  • グループ対抗戦〜その2〜
  • グループ全員で相談して、解決策を考えます。

    司会者はイベントカードをめくる前に、各チームに3枚のアイテムカードを渡しておきます。

    お題は全チーム共通です。司会者がイベントカードを読み上げた後、30秒ほどシンキングタイムを設けます。

    各チームの代表者1人が回答を行い、最も盛り上がる回答を考えたチームが1ポイントを獲得します。

3. 多数派を狙おう:マジョリティパーティー

『マジョリティパーティー』は押すと良い事と悪い事が起こるボタンを、全員が押すかどうかを予想し、多数派にかけるパーティゲームです。

例えば、「すべての異性に好かれる。しかし、すべての同性に嫌われる」のように、良い事と悪い事が同時に起こるボタンがあります。

司会者はお題を読み上げます。

このボタンを押すか、押さないか、多数派を予想して投票を行い、多数派になればポイントを獲得します。

司会者は、以下のように進行をすると良いでしょう。

お題は〇〇です。全員目を閉じてください。

…それでは、このボタンを押すという人は手を挙げてください。

…全員目を開けてください。ボタンを「押さない」方が多数派となりました。

きょーみ

お題が絶妙で毎回究極の選択を迫られます。会話が広がる傑作パーティゲームです。
忘年会向けアレンジ案
  • 勝ち抜き戦
  • 多数派だけがゲームに残る勝ち抜き戦です。

    ゲームが始まったら全員立ち、脱落した人は座ります。

    景品の数分など、残り人数がある一定以下になったらゲーム終了です。

  • 内輪ネタを盛り込む
  • お題にあらかじめ内輪ネタを仕込んでおくと盛り上がります。

  • 本音で答える
  • 得点関係なしに、価値観の違いを楽しむルールです。

    多数派を予想するのではなく、自分が本当にボタンを押したいかどうかでジャッジを行います。

忘年会で大活躍!
少人数向けゲーム

忘年会の2次会など、10人以下が集まる場におすすめのゲームを4つご紹介します。

4. モンスターに名前をつける:ナンジャモンジャ

『ナンジャモンジャ』はヘンテコなモンスターに名前をつけて遊ぶカードゲームです。

ナンジャモンジャ_写真

カードを引いた人はモンスターに、名前をつけてあげます。

ナンジャモンジャ_写真_名前をつける

後でモンスターが出てきたら、そのモンスターの名前をいち早く叫びます。

一番早く言えた人が、カードを獲得できます。たくさんカードを取った人の勝ちです。

きょーみ

序盤に名前をつけたモンスターが、忘れた頃にやってきて盛り上がります。声量に注意です!

『ナンジャモンジャ』の詳しい解説ページはこちら!

blog_thumbnail_ナンジャモンジャ
【大爆笑】ナンジャモンジャ 超おすすめゲーム紹介

5. 棒抜きバランスゲーム:スティッキー

『スティッキー』はサイコロを振って出た色の棒を抜いていくバランスゲームです。

スティッキー-写真-セットアップ

順番に棒を抜いていき、輪っかを下につけてしまった人の負けです。

きょーみ

簡単お手軽バランスゲームです。敗者を1人決めたいときにおすすめ!ほろ酔いで手元が狂うと、いい感じのゲームバランスになります。

『スティッキー』の詳しい解説ページはこちら!

blog_thumbnail_ナンジャモンジャ
【大爆笑】ナンジャモンジャ 超おすすめゲーム紹介

6. お絵かき伝言ゲーム:テレストレーション

『テレストレーション』は言葉と絵を交互に伝えながら遊ぶ伝言ゲームです。

テレストレーション-写真-ゲームの箱

個人のスケッチブックの最初のページに、お題カードに描かれた言葉を書き込みます。

その次のページは言葉を表す絵、次は言葉…というように時計回りにスケッチブックを回していきます。

自分のスケッチブックが帰ってきたら、答え合わせです。

きょーみ

爆笑必至の伝言ゲームです!お題がまた、「水泳」ではなく「平泳ぎ」だったり、ちょっとマニアックでなかなかうまく伝わりません。隣の人が重要なので、適宜席替えをしながら遊ぶといいです。
MEMO
付属のスケッチブックは8個です。足りない場合は、メモ帳などで代用できます。

『テレストレーション』の詳しい解説ページはこちら!

blog_thumnail_テレストレーション-伝言ゲーム
【爆笑】お絵かき伝言ゲーム『テレストレーション』が超面白い!

7. 爆笑大喜利ゲーム:私の世界の見方

『私の世界の見方』は、お題となる文の空欄部分に当てはまる言葉のカードを出す大喜利ゲームです。

お題が発表されたら、手札から親が気に入りそうなカードを1枚選んで提出します。

親は出揃った回答の中から一番気に入ったカードを選び、そのカードを出した人が1点を獲得します。

きょーみ

お題やワードカードのセンスが絶妙です。仲の良いメンバー同士で遊ぶのがおすすめです。

おわりに

忘年会で大活躍する超おすすめゲーム7選をご紹介しました。

美味しい食事、くつろげる空間に、会を盛り上げるゲームが揃えばいい忘年会になること間違いなし!

幹事の裁量で適宜アレンジを加えつつ、是非忘年会にゲームを取り入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です