【大爆笑】ナンジャモンジャ 超おすすめゲーム紹介

blog_thumbnail_ナンジャモンジャ

ナンジャモンジャ/Toddles-Bobbles(2010)

ゲームデザイナー:Alena Lebedeva
:15分 :4歳~ :2~6人

ナンジャモンジャ_写真

『ナンジャモンジャ』は不思議な生き物のキャラクターに名前を付けてあげて、後の番で出てきたキャラクターの名前をいち早く呼ぶゲームです。

得体の知れない生き物にも、名前をつけると愛着が湧いてきます。たとえそれがヘンテコな名前でも。

戦略
(1.0)
(2.0)
記憶力
(5.0)

ゲーム概要

ゲームには60枚のキャラクターのカードを使います。

カードをよく混ぜて1枚めくり、めくった人は出てきたキャラクターに名前を付けてあげます。

ナンジャモンジャ_写真_名前をつける

時計回りの順にカードをめくっていき、新しいキャラクターが出る度に名前を付けます。もし既に名前を付けてあげたキャラクターが出てきたら、そのキャラクターの名前を誰よりも早く言います。

一番早く言えた人は溜まったカードを全て獲得します。カードがなくなるまで続け、一番多くカードを集めた人の勝ちです。

きょーみ

ほぼ同時の場合は、周りの人に判断してもらいましょう。

ここがポイント!

簡単な記憶力のゲームです。名前を付けたキャラクターがすぐに出てくることもあれば、忘れた頃にやってきて「この子誰だっけ…?」となることも。

色や形などキャラクターの特徴を捉えた名前、全く関係のない名前など色んな名前が出てくるでしょう。面白い名前が出る度に盛り上がります。

そしてナンジャモンジャの真価は2回戦目にあると言ってもいいでしょう。2回目は是非「同じ名前は付けてはいけない+お手つきをしたら、カードを1枚没収」というルールでやってみてください。

ただでさえ曖昧な記憶にキャラクターの前世の名前がちらつき、より一層ゲームを盛り上げます。

YouTubeでは「Fischer’s-フィッシャーズ-」や「HIMAWARIちゃんねる」などでナンジャモンジャが紹介されています。

・【大流行】ナンジャモンジャゲームがくそ面白かったwww




・家族でゲーム♡ナンジャモンジャで大笑い☆himawari-CH



同じ絵柄のカードを使って、神経衰弱として遊ぶのもいいですね。

・ナンジャモンジャで神経衰弱!!ぴろぴ仲間はずれに!?himawari-CH


おわりに

ナンジャモンジャ_写真

子どもから大人まで、みんなで笑える大人気ゲームです。いつでもどこでもサクッとできて、ドッと場を盛り上げてくれます。

キャラクターの種類が違う『ナンジャモンジャ・ミドリ』『ナンジャモンジャ・シロ』は持ち運びやすい小箱タイプ。(今回紹介したのはミドリです。)

どちらも欲しいという方は、上記2箱のカードがセットになった『ナンジャモンジャ・ペアセット』もあります。

家族、友人、同僚と一緒に是非、ナンジャモンジャで盛り上がってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です