スティッキー/Zitternix 超おすすめゲーム紹介

blog_thumbnail-スティッキー

スティッキー/Zitternix(2008)

ゲームデザイナー:Heinz Meister
:10分 :6歳~ :2~4人

スティッキー-写真-箱

『スティッキー』はサイコロを振って出た色の棒を抜いていきながら、棒を倒さないようにするバランスゲームです。

誰にでもわかる簡単ルールで、ドキドキ感が味わえます。

戦略
(2.5)
(2.5)
器用さ
(5.0)
観察力
(5.0)

ゲーム概要

片手で棒をひと束にまとめてリングを上から通し、リングをカタカタと揺らしながら徐々に手を緩めて棒を立てます。

スティッキー-写真-セットアップ

MEMO
この時、なるべく棒の色や位置が偏らないようにしてください。

手番ではサイコロを振って出た色の棒を抜いていきます。

うまく棒が抜けたら自分の前に置いて置きます。青が3点赤が2点黄色が1点となります。

次に棒を抜いたら崩れそうで棒を抜きたくない時は、自分の同じ色の棒を1本箱に戻すことでパスをすることができます

またサイコロの色の棒がなくなった時は、好きな色の棒を選べます。

棒を倒してしまった人の負けで、0点です。

それ以外のプレイヤ〜は自分の棒の得点を数え、最も合計点の高い人の勝利となります。

棒が最後に3本残ったら、それ以上棒は抜けません。その時点での得点を計算します。

スティッキー-写真-3本残り

プレイの様子はYouTube、wika roomさんの動画を参考にしてみてください。



ここがポイント!

大人も子どもも一緒に楽しめる、楽しいバランスゲームです。

棒を抜く時にはみんなが固唾をのんで見守っているため、手には緊張が走ります。

よく観察すると、支柱となっている棒を見つけることができます。その棒には触れないようにプレイすることが勝利の鍵です。

慣れてきたら以下のルール変更を加えて遊んでみてください。

  • 一度棒に触ってしまったら、その棒を抜かなければいけない
  • 手番ではサイコロは使わずに、好きな棒を選ぶことができる
  • わざとバランスが悪くなるように、他の棒に刺激を加えながら、ぐりぐりと棒を抜くこともアリにする
  • ストップウォッチなどで時間を計り、1人15秒の時間内にサイコロを振り続けて何本も棒を抜くことができる

きょーみ

他にも面白い遊び方があれば、是非下記コメント欄から教えていただけると嬉しいです!

おわりに

『スティッキー』をご紹介しました。対象年齢6歳〜とありますが、3歳〜でも十分遊べます。

子どもと一緒に遊ぶのもよし、大人同士で気軽に罰ゲームなどで遊ぶもよし、万人受けするゲームです。

是非ご家族と、友人とスティッキーで遊んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です