iPhoneのコントロールセンターが出ないときに試す3つのこと

iPhoneのコントロールセンターが出ない時に試すこと

きょーみ

こんにちは、きょーみです!

iPhone/iPadのコントロールセンターが何らかの原因で正しく出てこないときに試す3つのことを紹介します。

  1. 画面の汚れを拭き取る
  2. 本体を再起動してみる
  3. AssistiveTouchを活用する

実はスワイプが効かない場合でも、なんとかコントロールセンターを使える状態にする裏技があります

それが「AssistiveTouch」というメニュー表示機能です。覚えておくと画面がタッチできないなど、いざという時に役に立ちますよ。

コントロールセンターが出ないとき:①画面の汚れを拭き取る

液晶画面に汚れが付着していると、スワイプがうまく反応しないことがあります。

まずは画面が油脂などで汚れていないかどうかを確認してみてください。

汚れがひどい場合でも洗浄用品やエアダスターは使わず、専用のクロスクリーナーを使って掃除するのがおすすめです。

参考記事

Apple公式サポート:iPhoneのお手入れをする

コントロールセンターが出ないとき:②本体を再起動してみる

次に本体の再起動を試してみます。これで直ることもあります。

  • 【iPhoneX】サイドボタン+いずれかの音量ボタンを長押し→電源オフをスライド
  • 【iPhone8以前】電源ボタンを長押し→電源オフをスライド

画面をタッチしても反応せず、通常の方法で再起動できない場合は強制的に再起動させる方法もあります。

iPhone-画面-反応しないiPhoneの画面が反応しない時|強制的に再起動する方法

コントロールセンターが出ないとき:③AssistiveTouchを活用する

AssistiveTouchとは、iOSに搭載された一部の操作をボタンに置き換えることができるショートカット機能です。

AssistiveTouchにコントロールセンターを追加すれば、スワイプではなくボタン操作でコントロールセンターを呼び出すことができます

コントロールセンター以外にも「ホームに戻る」「スクリーンショットを撮る」など様々な機能のボタンを設定できます。

AssistiveTouchによく使う機能をセットアップできます。

設定方法

  1. iPhoneの「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」を開く
  2. 「最上位メニューをカスタマイズ」から「コントロールセンター」をメニューに追加する
  3. AssistiveTouchをオンにすると、画面にボタンが表示される

おわりに

iPhone/iPadのコントロールセンターが出ないときに試す3つのことを紹介しました。

スワイプが効かない&タッチ不良の時に、AssistiveTouchは使えます。ぜひ試してみてください。

iPhone-画面の一部が反応しないときiPhoneのタッチパネルが一部反応しない時 | 修理までの間なんとかしのぐ方法 iPhone-ホームボタンが反応しない時iPhoneのホームボタンが反応しない時にまず試すこと