iPhoneのホームボタンが反応しない時にまず試すこと

iPhone-ホームボタンが反応しない時

iPhoneのホームボタンが使えないと、通常の方法でアプリの切り替えができません。

きょーみ

わたしも経験ありますが、ホーム画面に戻れなくなるだけで相当辛い…!

ホームボタンの機能に問題があれば、iPhoneの修理が必要です。

問題は、ホームボタンが使えない状態のiPhoneで修理日までの期間をどう過ごすか

実はホームボタンが機能していなくても、画面タッチでホームボタンと同じような機能が使える「AssistiveTouch」を設定すれば、修理日までなんとか持ちこたえることができます。

今回はiPhoneのホームボタンが反応しない時にまず試すことを、2ステップでご紹介します。

Step1:反応しなくなった原因を探る

ホームボタンが反応しなくなったら、まずは反応しなくなった原因を探りましょう。

ホームボタン自体の機能がおかしくなっているのか、それとも何か他に問題があるのかを確認します。

Appleの公式サポートページではホームボタンが機能しない場合の対処法として、以下の3つを推奨しています。

  1. デバイスを再起動する
  2. 保護フィルムやケースを外してみる
  3. ボタンの周りにゴミや埃が付着していないかを確認する

汚れを取り除いたり、再起動することで直る場合があります。

画面がフリーズしてしまい、再起動ができない時は強制再起動を試してみてください。

iPhoneを強制的に再起動する方法に関しては、以下の記事で解説しています

iPhone-画面-反応しない iPhoneの画面が反応しない時|強制的に再起動する方法

Step2:設定画面から「AsssistiveTouch」を設定する

上記を試してみても改善しない場合は、ひとまず「AssistiveTouch」の設定をします。

ホーム画面から「設定」を開き、「一般」→「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」を選びます。

※OSのアップデートで文字表記や場所が変更される場合があります。

MEMO
OSの状態が最新でない場合は、まずOSのアップデートをしてください。OSのアップデートは同じく設定画面の「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行います。

「AssistiveTouch」をオンにすると、画面上に白黒のボタンが表示されます。このボタンは画面隅の好きな場所に動かすことができます。

ボタンをタッチすると6つのアイコンが表示され、さらにアイコンをタッチすることで様々な機能が使えます。

「ホーム」のアイコンを押せば、ホームボタンを1回押した時と同じくホーム画面に戻ることができます

AssistiveTouch-メニュー

また設定画面の「最上位メニューをカスタマイズ」から、アイコンの種類や数を自分好みに変更することができます。

自分がよく使う機能に合わせて、適宜カスタマイズしてください。

以下、特におすすめのアイコンを2つご紹介します。

マルチタスク

ホームボタンをダブルタップするのと同じ効果があります。

アプリの切り替えがスムーズにできて便利です。

AssistiveTouch-マルチタスク

スクリーンショット

ホームボタンを押さずに画面のスクリーンショットを無音で撮ることができます。

よくスクショを撮る方は設定しておくといいでしょう。

AssistiveTouch-スクショ

ホームボタンを長持ちさせるために

ホームボタンを長持ちさせるためには、ホームボタンを酷使しないことが大切です。

できるなら修理せずに済むよう、普段からiPhoneを丁寧に使うように心がけましょう。

  1. ホームボタンを強く押さない
  2. ホームボタンに圧力をかけて、余計なダメージを与えないようにしましょう。

  3. 濡れた手/汚れた手で触らない
  4. 手を清潔に保って、iPhoneに汚れを付けないようにしましょう。

  5. iPhoneを落とさない
  6. 不用意にiPhoneを落とさないように注意しましょう。

スマホをよく床に落とすという方は、スマホリングなどの落下ダメージ防止グッズの購入も検討しましょう。

おわりに

iPhoneのホームボタンが反応しない時にまず試すことをご紹介しました。

特に「AssistiveTouch」の機能は、いざという時のために覚えておくと助かります。

ホームボタンが壊れたなと思った時に、是非試してみてください。