ペアーズ/Pairs バリエーションルール5選~白熱編~

blog_thumbnail_pairs-fun

2018年2月に発行された、ペアーズデラックスエディションPairs Companion Book Web Feb 2018より、『ペアーズ/Pairs』のバリエーションルールをご紹介します。

ゲームが盛り上がるバリエーションルール5選~白熱編~です。

基本ルールはこちらからご確認ください。

blog_thumbnail_pairs
ペアーズ/Pairs 気軽に楽しめる超おすすめゲーム紹介

ブラックストーン:2~8人

icon-pairs-fun_blackstone

準備するもの
  • ペアーズデッキ1セット
  • ポーカーチップ
戦略
(4.0)
(4.0)
駆け引き
(5.0)

10がペアになったらだめ!という刺激的なバリエーションルールです。

ゲームの準備

各プレイヤーはゲームに参加するためのアンティとして、5チップを自分の前に置きます。

ディーラーはデッキをよく混ぜ、1枚ずつめくって各プレイヤーの前に表にして出します。

一番数字の小さいプレイヤーがスタートプレイヤーです。数字が被ったら引き直しますが、この時ペアができてもそのままにしておきます。

10がペアになったら10を1枚そのプレイヤーの前に残して、その他の10はデッキに戻してシャッフルします。

スタートプレイヤーが決まったら、10以外のカードを全て中央に回収します。

pairs-variant-fun-black-stone

MEMO
カードは5枚ずつ並べていくと、何枚出たか見やすいです。

ゲームプレイ

手番ではヒットかフォールドのどちらかを選択します。

  • ヒット
  • プレイヤーはカードをめくる前に、何枚のカードを引くかを宣言します。

    最初のプレイヤーは1枚以上、以降は前のプレイヤーが宣言した数以上を宣言しなければいけません。

    宣言した枚数のカードを1枚ずつめくり、2枚目の10を引かなければヒット成功です。

    10以外のカードは中央へ、1枚目の10は自分の前に置いておきます。

    途中で2枚目の10が出てしまったらヒット失敗です。2枚目の10をめくった時点でめくるのをやめます。

    敗者はアンティ5枚+中央にめくられたカードの枚数分のチップをポットに払います。

    敗者以外のプレーヤーはアンティを手元に戻し、ポットに溜まったチップを山分けします。余りはポットに残しておきます。

  • フォールド
  • カードをめくらずにゲームから降ります。降りるためにはポットに溜まっているカード枚数の半分のチップを、ポットに支払わなければいけません。

    端数は切り上げです。さらにアンティもポットに支払います。

自分以外のプレイヤーが全員降りたら自分の勝ちとなり、ポットに溜まったチップを全て獲得します。

ゲームの終了

次のラウンド開始前に、全てのカードをシャッフルして配り直してゲームを続けます。

適当なタイミングでゲームを終了し、最もたくさんのチップを獲得したプレイヤーの勝利です。

きょーみ

こ・れ・は面白いですね〜。ゾクゾクします。最初から10が1枚溜まっているプレイヤーは、ハンデを背負ってプレイに臨むことになります。後半はカードとビットが溜まり、ヒットしてもフォールドしても地獄…という状況に。一度は絶対に試していただきたいおすすめのルールです。

スターボード:2~7人

icon-pairs-fun_starboard

準備するもの
  • ペアーズデッキ1セット
  • スタートプレイヤーマーカー
戦略
(3.0)
(4.0)
駆け引き
(5.0)

ロックでよしとするか、ロックを崩しにヒットしにいくか、悩ましいバリエーションルールです。

ゲームの準備

ゲーム開始時、各プレイヤーは1チップをアンティとして払います。スタートプレイヤーマーカーを適当な位置に置きます。

カードをよく混ぜて、テーブル中央に2枚を表にします。この時ペアができたら、1枚を捨て札にして、数字が被らないようにカードが2枚揃うまで、カードをめくります。

ゲームプレイ

手番ではヒットかロックのどちらかを選択します。

  • ヒット
  • 1チップをポットに払ってヒットをします。カードをめくってテーブル中央に出し、ペアができなければ成功です。

    ヒットに成功した時、他にロックをしているプレイヤーがいれば、ロックしているプレイヤー全員を脱落させます

    ペアができてしまったら、ペアになったカードを捨て札にしてゲームから抜けます。

  • ロック
  • これ以上カードを引きたくないと思ったらロックをします。

全員がロックをするか、1人を残して他全員が脱落したら1ゲーム終了です。

生き残っているプレイヤーでポットのチップを分け合います。余りは次のラウンドに持ち越しです。

pairs-variant-fun-starboard

MEMO
プレイ中は誰がゲームに参加しているかがわかるように、ゲームに参加しているプレイヤーの前にアンティチップを置いておきます。バーストしたら、中央のポットにチップを流します。

また、ロックをしたらカードを1枚裏向きで配って、その上にアンティチップを置きます。ロックに失敗したらカードを捨てて、チップをポットに流します。

ゲームの終了

ラウンドが終わったらスタートプレイヤーマーカーを左隣に移してゲームを続けます。ラウンドの度にカードはシャッフルします。

適当なタイミングでゲームを終了し、最もたくさんのチップを獲得したプレイヤーの勝利です。

きょーみ

ヒットが成功する度にポットのチップが増えていきます。ロックをしてチップ山分けで良しとするか、他人のロックを壊しにヒットするか、駆け引きが熱いゲームです。

ゴーストタウン:2~6人

icon-pairs-fun_ghost-town

準備するもの
  • ペアーズデッキ1セット
  • ポーカーチップ
戦略
(4.0)
(4.0)
駆け引き
(5.0)

ゴーストタウンは3人以上でプレイするのがおすすめの、チップの変動の大きいゲームです。

ゲームの準備

各プレイヤーはラウンド開始時、アンティとして10枚のチップをポットに支払います。

デッキをシャッフルして、各プレイヤーにカードを裏向きで5枚ずつ配ります。

各プレイヤーは手札からカードを1枚伏せて出します。

全員が出揃ったら一斉にオープンです。最小の数字のカードを出したプレイヤーがスタートプレイヤーとなります。

タイになったら、タイになったプレイヤーがデッキからカードを1枚ずつ引いてスタートプレイヤーを決定します。この時引いたカードは捨て札にします。

オープンした全員のカードを中央に回収します。これをストリートカードと呼び、全員でシェアするカードとなります。

ストリートに同じ数字のカードがあった場合、被ったカードは全て捨て札にします。

ゲームプレイ

手番ではプレイ、ドロー、フォールドの3つの選択肢があります。

pairs-variant-fun-ghost-town

  • プレイ
  • 2チップをポットに支払って、手札からカードを1枚選んで自分の前に表向きに出します。自分の前のゾーンをハウスと呼びます。

    このとき、自分のハウスやストリートとペアになるカードは出せません。

    また、すでに自分のハウスにあるカードと同じ数字のカードで、左隣のプレイヤーのハウスにないカードを、左隣のハウスにプレイすることもできます。

    このときも同様にポットに2チップ払います。既に左隣のプレイヤーが抜けていたら、抜けた先の隣のプレイヤーのハウスが対象となります。

  • ドロー
  • 山からカードを1枚引いて、自分のハウスの前に表にします。

    ハウスか、ストリート、どちらかでペアができたら脱落です。ペアになったカードの数字分のチップをポットに払います。

    ただし、ドローをしてペアができなかった場合、引いたカードの数字分のチップをポットから獲得します

    これによってポットが空になったら、ゲームを終了します。

  • フォールド
  • ゲームから降りて、自分のハウスのカードを全て捨て札にします。

ポットが空になるか、最後の1人が残るまでゲームを続けます。最後の1人はポットに残っているチップを全て獲得します。

ゲーム終了

1ゲームが終わったら、カードをシャッフルし配り直してゲームを続けます。

適当なタイミングでゲームを終了し、最もたくさんのチップを獲得したプレイヤーの勝利です。

きょーみ

ドローで短期的に稼ぐか、全員を脱落させて最後にがっつり稼ぐかの2つの戦術があります。ストリートのカードの枚数によっても状況は変わります。思考と運のバランスが取れたゲームです。

ザ・ジャッジ:2~6人

icon-pairs-fun_the-judge

準備するもの
  • ペアーズデッキ1セット
戦略
(3.0)
(4.0)
盛り上がり
(5.0)

ザ・ジャッジは手札から自分の数字のカードをコンテストに出場させるゲームです。ジャッジのお眼鏡にかなえばゲームクリアとなります。

ゲームの準備

カードよく混ぜ、各プレイヤーに7枚ずつ配ります。

その後8枚を裏向きで重ね、中央に山をつくります。この山を「ジャッジ」とします。

ゲームプレイ

初回はディーラーから、以降は前ラウンドで最も得点の高かった人から手番を始めます。

エントリーと審査、2つのフェーズがあります。

pairs-variant-fun-the-judge

  1. エントリー
  2. 自分の手札から審査に出すカードを表向きで1枚出します。

    次に自分の番が回ってきたらパスをするか、1枚エントリーを追加するかを選べます。エントリーできるカードは各数字1枚までです。

    一度パスをしたら、以降はエントリーできません。全員がパスするまで続けます。

  3. 審査
  4. ジャッジのカードを上から1枚ずつめくっていきます。これらはジャッジの審査に通らないカードです。

    自分のエントリーカードとジャッジで1枚でも数字が被ったら、そのプレイヤーは脱落となります。

    ジャッジのカードをジャッジのカードがなくなるか、最後の一人が残るまでカードをめくり続けます。

同時に脱落して誰も残らなかったとき、そのラウンドは誰にも得点が入らず、同じディーラーから新たなラウンドを開始します。

得点計算

ジャッジと数字が被らなかったプレイヤーは、得点を獲得することができます。

自分のエントリーしたのカードの数字の合計値が点数になります。

誰かが以下の得点に到達するまでゲームを続け、先に点数に達したプレイヤーの勝利となります。

プレイヤー人数得点
2-350
440
5-630

きょーみ

得点を取るために高いカードをエントリーさせたいですが、バーストするリスクも高くなります…ジレンマが楽しい盛り上がるルールです。

ゴブリンポーカー:3~8人

icon-pairs-fun_goblin-poker

準備するもの
  • ペアーズデッキ1セット
  • ポーカーチップ
戦略
(4.0)
(3.0)
駆け引き
(5.0)

競争的で混沌としたゲームが好きな、ゴブリンのポーカーをモチーフにしたゲームです。

ゲームの準備

各プレイヤーはゲーム開始前にアンティを1チップポットに支払います。

各プレイヤーに手札を6枚ずつ配ります。

手札から1枚カードを伏せて一斉にオープンし、一番小さい人がスタートプレイヤーとなります。

被ったらデッキからもう一枚ずつ引いてスタートプレーヤーを決めます。

ゲームプレイ

手番ではピッチかフォールドのどちらかの行動を取ります。

pairs-variant-fun-goblin-poker

  • ピッチ
  • 手札からカードを1枚、中央に裏向きで出します。

  • フォールド
  • 自分の場にある一番小さいカードの数分のチップをポットに払ってゲームから降ります。

    降りたプレイヤーは自分のカードを全て裏向きにします。

全員のカードが出揃ったら、ピッチで集まったカードをシャッフルして一番場のカードの数字の合計値が小さい人から順番に時計回りでカードを配っていきます。

ペアができてしまったプレイヤーは、カードの数字分のチップをポットに払ってゲームから抜け、手持ちのカードを全て裏向きにして伏せます。

まだ2人以上がゲームに残っていれば、次のラウンドが始まります。

ゲーム終了

最後の1人になったら、ポットのチップを全て獲得します。

最後の手札のカードで、複数のプレイヤーが残ったらポットのチップは山分けになります。あまりはポットに残して次のゲームへ持ち越しです。

きょーみ

手札から相手のペアになるカードを送り込むのが基本戦術です。手札と場のカードから残りのカードを予想しながら、リスクを回避しましょう。ダメだと思ったらフォールドしてポットのチップを最小限にすることも大切です。

おわりに

ペアーズのバリエーションルール5選~白熱編~をご紹介しました。スリルのあるゲームを楽しみたい時には是非採用してみてください。

他にも様々なバリエーションルールがありますので、こちらも是非ご覧ください!

「こんなルールも試してみたよ!」というコメントも大歓迎です。是非コメント欄からお気軽にコメントください。

ポーカーチップは軽くて持ち運びが便利な以下のポーカーチップがおすすめです!

イラストの一部にGame-icons.netのアイコンを使用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です