フォー・セール/For Sale 1/2人用バリエーションルール

フォーセール-バリエーションルール-サムネイル

ボードゲーム情報のまとめサイトBoardGameGeekより、『フォー・セール/For Sale』の1人、2人用バリエーションルールをご紹介します。

バリエーションルールを取り入れることで、多人数向けのフォーセールが、2人、1人でも遊べちゃいます。

基本ルールはこちらからご確認ください。

blog_thumnail_for-sale
フォー・セール/For Sale 超おすすめゲーム紹介

フォー・セール:1人用ルール

ダミープレイヤーと得点を競い合うソリティアルールです。

10枚の物件カードを購入、売却後にダミープレイヤーよりも多くのお金を稼ぐことを目指します。

ゲームの準備

物件カード、小切手カードはそれぞれ30枚ずつ、全てのカードを使用します。

ゲーム開始時に1,000ドルコインを16枚、16,000ドル分のコインを受け取ります。

ダミープレイヤーの前に、1,000ドルコインを3枚置きます。このコインはビット用のコインとして使用します。

各デッキをよく混ぜて、裏向きで山にして準備しておきます。

フォー・セール-バリエーションルール-1人用準備

第一フェイズ:物件の購入

物件の購入フェイズでは、物件カードの山から3枚をオープンします。

カードを見て、以下の3つの中から1つのアクションを行います。

  1. ハイカードの購入
  2. 手元から銀行にダミープレイヤーのビット額より1,000ドル高い金額を払うことで、3枚の中で1番大きい数字の物件カードを獲得します。

    フォー・セール-バリエーションルール-ハイカードの獲得

    ダミープレイヤーは2番目に大きい物件カードを獲得します。

    その後、ダミープレイヤーのビット額を1,000ドル増やします

    残った物件カードは捨て札にします。

  3. ミドルカードの購入
  4. 手元から銀行にダミープレイヤーのビット額と等しい金額を払うことで、3枚の中で2番目に大きい数字の物件カードを獲得します。

    フォー・セール-バリエーションルール-ミドルカードの獲得

    ダミープレイヤーは、1番大きい数字の物件カードを獲得します。

    ダミープレイヤーのビット額に変動はありません。

    残った物件カードは捨て札にします。

  5. ローカードの購入
  6. 3枚の中で1番数字の小さいカードを無料で獲得します。

    フォー・セール-バリエーションルール-ローカードの獲得

    ダミープレイヤーは、1番大きい数字の物件カードを獲得します。

    その後、ダミープレイヤーのビット額を1,000ドル減らします

    残った物件カードは捨て札にします。

これを10回繰り返し、第二フェイズに移行します。

第二フェイズ:物件の売却

ダミープレイヤーが獲得した物件カードは、裏向きにしてシャッフルして山にします。

小切手カードの山から3枚をめくり、手札の物件カードの中から1枚選んで出します。

その後、ダミープレイヤーの山から2枚を表にして、数字の大きさを比べます。

  1. ハイカードだった場合
  2. 3枚の物件カードを比べ、自分のカードの数字が1番大きかった場合、1番大きい額の小切手カードを獲得します

    フォー・セール-バリエーションルール-ハイカードだった場合

    ダミープレイヤーは、2番目に大きい額の小切手カードを獲得します。

    その後、ダミープレイヤーが出した物件カードの内、小さい数字のカードを捨て札にし、大きい数字のカードをダミープレイヤーの物件カードの山に戻してシャッフルします。

    余った小切手カードも捨て札にします。

  3. ミドルカードだった場合
  4. 3枚の物件カードを比べ、自分のカードの数字が2番目に大きかった場合、2番目に大きい額の小切手カードを獲得します

    フォー・セール-バリエーションルール-ミドルカードだった場合

    ダミープレイヤーは、1番大きい額の小切手カードを獲得します。

    その後、ダミープレイヤーが出した物件カードの内、大きい数字のカードを捨て札にし、小さい数字のカードをダミープレイヤーの物件カードの山に戻してシャッフルします。

    余った小切手カードも捨て札にします。

  5. ローカードだった場合
  6. 3枚の物件カードを比べ、自分のカードの数字が1番小さかった場合、1番小さい額の小切手カードを獲得します

    フォー・セール-バリエーションルール-ローカードだった場合

    ダミープレイヤーは、1番大きい額の小切手カードを獲得します。

    その後、ダミープレイヤーが出した物件カードを2枚とも捨て札にし、自分が出した物件カードをダミープレイヤーの物件カードの山に戻してシャッフルします

    余った小切手カードも捨て札にします。

10ラウンド目はお互いのカードを比較して、大きい方が1番大きい数字の小切手カードを、小さい方が2番目に大きい数字の小切手カードを獲得します。

得点計算

それぞれ、獲得した小切手カードの額を比べます。

プレイヤー側は、第一フェイズで余ったコインも合計額に加えます。

獲得金額がダミープレイヤーより上回っていれば、プレイヤーの勝利です。

きょーみ

これは面白いです!第一フェイズではビット金額をコントロールしつつ、物件カードの数字になるべく差が出ないように工夫します。第二フェイズではローカードの使い所が重要です。ローカードを出せば、相手のデッキに小さい数字を入れることができ、その後のゲームを有利に進められます。程よい判断力とカード運が気持ちいい、繰り返し遊びたくなるバリエーションルールです。

フォー・セール:2人用ルール

2人で楽しむフォーセールのルールです。

それぞれのデッキをよく混ぜた後、物件カードから12枚のカードを、小切手カードから3枚のカードを裏向きのままゲームから取り除きます。

各プレイヤーは1,000ドルコインを16枚、2,000ドルコインを3枚、計2,2000ドルのチップを受け取ります。

第一フェイズでは、物件カードを2枚ずつオープンして、合計9ラウンド競りを行います。

第二フェイズでは、小切手カードを3枚ずつオープンし、内1番小さい小切手カードを捨て札にしてから、物件カードをプレイします。

その他のルールは、基本プレイと一緒です。

きょーみ

最初に抜いた12枚の物件カードのことも加味上で、ビットするかどうかを判断します。2人で熱いプレッシャーの掛け合い、駆け引きが楽しいうまいこと2人用に調整されたルールです。
参考 For Sale/Forums/VariantsBoardGameGeek

おわりに

フォー・セールのバリエーションルールをご紹介しました。どちらも究極にシンプルで面白いです!

1人、2人でも是非フォー・セールで遊んでみてください。

「こんなルールも試してみたよ!」というコメントも大歓迎です。是非コメント欄からお気軽にコメントください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です