ぶたのしっぽ 超おすすめトランプゲーム紹介

ぶたのしっぽ-サムネイル

ぶたのしっぽ

:10分 :6歳~ :4人

『ぶたのしっぽ』はカードを環状に並べてカードを1枚ずつ表にしていく、トランプゲームです。

いくつかルールがある中で、きょーみ押しのぶたのしっぽ4人用ルールをご紹介します。

戦略
(3.0)
(3.0)
駆け引き
(5.0)
記憶力
(5.0)

ゲーム概要

プレイヤーは自分の番にカードを1枚ずつ中央に出していき、カードの色か数字が被ったら手札に加えます。

最終的に最も手札が少ないプレイヤーが勝利します。

ゲームの準備

準備するもの
  • トランプ

トランプはジョーカーを除いた52枚のカードを使用します。

カードをよく混ぜ、中央に裏向きのままカードをぐるっと環状に並べます。

ぶたのしっぽ-図-準備

ゲームプレイ

ゲームはスタートプレイヤーから時計回りに進行します。

自分の番がきたら裏向きになっているカードか、自分の手札からカードを1枚選び、中央に表向きで出します。

ぶたのしっぽ-図-カードの出し方

この時、直前に出たカードと同じ色(黒、)か、同じ数字のカードを出したら、中央にたまっているカードを全て引き取って手札に加えます。

1枚プレイしたら、左隣のプレイヤーに手番が移ります。

ゲームの終了

裏向きになっているカードが全てなくなったら、その番でゲームが終了します。

手札の枚数を数えて、一番手札の少ないプレイヤーの勝利です。

ここがポイント!

一見シンプルですが、やってみると結構奥が深いトランプゲームです。

最終的に手札のカードが0枚になるように調整をしながら、中終盤の勝負所を見極められるかどうかがポイントです。

意外なことに、中盤まではむしろカードを引き取るようにプレイした方がいいです。

終盤カードが中央にたまってきた時、手札にカードが残っていればリスクを冒すことなく安全に引き取りを回避するカードを出すことができます

また、黒と赤のカードはそれぞれ26枚ずつなので、どちらのカードがどれくらい出たかを覚えておくと、より正確な判断ができます。

小さいお子さんも大人も一緒にプレイでき、短時間で頭を使ってかつ盛り上がる、大変優秀なゲームです。

きょーみ

面白いのが手札のカードが尽きた後にも、まだ勝ちの目は0ではないことです。間一髪で直撃をかわし、逆に手札のカードで引き取りを免れてきたプレイヤーの安全牌が尽き、大逆転すると「うおぉぉぉ〜!!」っと盛り上がります。確率で攻めた方が有利ではあるものの、一片のロマンが隠れたゲームです。

おわりに

トランプゲーム『ぶたのしっぽ』をご紹介しました。

4人がおすすめですが、3~5人でもプレイできなくはないです。

是非ぶたのしっぽで遊んでみてください。


世界には、まだまだあなたの知らないトランプゲームがたくさん存在しています。

是非他の記事も読んで、お気に入りのゲームを見つけてください。

トランプゲームの本だと、草場純著『夢中になる!トランプの本』(主婦の友社)がおすすめです。

プレイ人数別に紹介された豊富な情報とわかりやすいイラストがポイントで、これ一冊でたっぷりトランプを遊べます。

気になった方はこちらも是非、ご覧になってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です