【図解】4人用トランプゲーム「ハーツ」の遊び方

ハーツ-トランプ

ハーツ/Hearts

:30分~ :12歳~ :4人

『ハーツ』はトランプを使った4人用のトリックテイキングゲームです。

マイナス点となるハートのカードをできるだけ取らないようにプレイします。

トリックテイキングゲームとは、手札からカードを順番に出していき、一番強いカードを出した人がカードを取るタイプのカードゲームのことを指します。

難しく考える必要はなく、基本的には以下の3点を押さえておけば、大丈夫です!

  1. トリックを取る
  2. 一番強いカードを出してカードを取ることをトリックを取る=トリックテイキングと言います。

    カードの強さはゲームごとに違いますが、(強)A>K>Q>J>・・・4>3>2(弱)となっていることが多いです。

    例えば、「4」「6」「K」「9」のカードが出た場合、一番強い「K」を出したプレイヤーがこのトリックを取り、カードを全て獲得します。

    トリックテイキング-ルール-トリックに勝つ

    1順した後にカードを取ることを、1トリックを取ると言います。

  3. リードとフォロー
  4. トリックテイキングゲームで、一番最初にプレイされたカードのことを、リードと言います。

    多くのトリックテイキングゲームでは、リードされたカードと同じスート(マーク)のカードを可能な限りで出す、マストフォローのルールを採用しています。

    リードされたカードと同じスートのカードを出すことを、フォローすると言います。

    トリックテイキング-ルール-リードとフォロー

    フォローできない時には、手札から他のスートのカードを出します。

    一般的なトリックテイキングゲームでは、リードと異なるスートのカードは、後述する切り札を除いて、そのトリックに必ず負けます

  5. 切り札(トランプ)
  6. 多くのトリックテイキングゲームでは、切り札(トランプ)を採用しています。

    切り札はトリック開始前に決定することが多く、切り札のスートが最強のスートになります。

    例えばハートが切り札だった場合、カードの強さはA>K>Q>J>・・・4>3>2>リードされたスートのA>K>Q>J・・・4>3>2>他スートのA>K>Q>J・・・4>3>2となります。

    トリックテイキング-ルール-切り札

カードが配られたら、スートごと、強さ順にカード並べ替えるとプレイしやすいです。

トリックテイキング-並び替え

戦略
(4.0)
(3.0)
駆け引き
(5.0)

ゲーム概要

『ハーツ』は失点を最小限に抑えることを目指す4人用のトランプゲームで、個人戦です。

誰かの得点が100点に到達した時点で、最も点数の少ないプレイヤーの勝ちとなります。

ハートのカードは1枚1点、スペードのQは1枚で13点になります。

MEMO
サクッと遊びたい時は、目標点を25点/50点などに変えて遊ぶといいです。

ゲームの準備

準備するもの
  • トランプ
  • ポーカーチップ

トランプはジョーカーを除いた52枚のカードを使用します。

得点を記録しておくためのポーカーチップがあると快適にプレイできます。

カードの強さはA>K>Q>J・・・4>3>2です。このゲームには、切り札はありません。(ノートランプ)

適当な方法でディーラー(配り役)を決めます。

カードをよく混ぜ、ディーラーの左隣のプレイヤーから裏向きのまま各プレイヤーに1枚ずつ、1人13枚、時計回りに全てのカードを配りきります。

カードの交換

カードが配られた後に、カードを交換するフェイズがあります。

自分の手札から左隣のプレイヤーに渡すカードを3枚選び、裏向きのまま左隣のプレイヤーに回します。

その後右隣のプレイヤーからカードを3枚受け取り、自分の手札に加えます。

相手に渡すカードは、必ずカードを受け取る前に選んで渡します。

ハーツ-遊び方-カード交換

またラウンドが進むに連れて、カードの交換先が変わります。

ラウンドカードの交換先
1左隣のプレイヤー
2右隣のプレイヤー
3向かいのプレイヤー
4交換しない

4回目は手札の交換を行いません。

5回目からは左隣のプレイヤーに戻ります。

ゲームプレイ

クラブの2を持っているプレイヤーが最初にクラブの2をプレイし、以降は時計回りの順番に手札からカードを1枚ずつ出していきます。

リードされたカードのスートのカードを持っていれば、必ずそのスートのカードをプレイしなければなりません

リードされたカードのスートのカードを持っていなければ、手札から好きなカードをプレイすることができます

4枚のカードがプレイされたら、カードの強さを比較して、最も強いカードを出したプレイヤーがトリックを獲得します。

獲得したカードはセットにして、自分の前に手札とは別にして置いておきます。

トリックを獲得したプレイヤーが、次のリードカードを出します。

ハートにまつわるルール

ハートのカードは出せるタイミングに制限があります。

ゲーム開始時はハートのカードでリードすることができず、以下の条件を満たせばハートでリードできるようになります。

  • リードされたスートがなくなり、誰かがハートをプレイした時
  • 手札にハートしかない時

得点計算

13トリック目が終わったら、得点計算に移ります。

取ってしまったハートのカード1枚につき1点、スペードのQ1枚につき13点を記録します。

シュート・ザ・ムーン

例外として、全てのハートのカードとスペードのQを取った場合に達成されるシュート・ザ・ムーンという役があります。

シュート・ザ・ムーンを達成したプレイヤーは以下の2つの効果のうち、1つを選ぶことができます。

  • 自分の得点を26点減らす
  • 自分以外のプレイヤーの得点に26点追加する

ディーラーを左隣のプレイヤーに移して、カードを配り直してゲームを再開します。

誰かの得点が100点に到達したら、その時点で最も得点の低いプレイヤーの勝利となります。

ここがポイント!

点の押し付け合いが苦しく悩ましいトリックテイキングゲームです。

スペードのQ1枚で13点と重いため、不用意に取ってしまわないよう注意しなければなりません。

序盤はスペードのJ以下のカードをリードしながら、スペードのQをあぶり出す戦法がよく取られます。

カード交換のタイミングで、他のプレイヤーからスペードのQが回ってくることを考慮して、回避用のスペードのカードは数枚持っておきたいところです。

全ての得点カードを取ると発動するシュート・ザ・ムーンのルールが熱く、ハートのカードをたくさん持っている場合はあえてシュート・ザ・ムーンを狙いにいくという選択もあります。

きょーみ

リスクを最小限に抑えるにはどうしたら良いか・・・手札と相談しながらじっくり考えるシビアなゲームです。盛り上がるタイプのゲームではないので、好き嫌いは分かれると思います。

バリエーション

4~5人で遊ぶのがおすすめのバリエーションルールです。

カードは4人なら1人12枚ずつ、5人なら10枚ずつ配ります。

余ったカードのうち、4人なら2枚を裏向き、2枚を表向きに、5人なら1枚を表向き、1枚を裏向きにしてテーブル中央に置きます。

この余ったカードをウィドと呼びます。ウィドのカードは最後のトリックを獲得したプレイヤーが受け取ります。

カードの交換は、まず最初に2枚を左隣のプレイヤーに渡し、受け取ったカードを確認した後にさらに1枚のカードを左隣のプレイヤーに回します。

次のラウンド以降、カードの交換先は右隣→左隣→右隣と交互に交代します。

ゲームプレイに関する変更点は2点です。

  • ハートのカードを最初からリードすることができる
  • シュート・ザ・ムーンのルールを無効とする

ディーラーを交代しながらプレイヤー人数分のラウンドを行い、最も得点の低かったプレイヤーの勝利です。

きょーみ

ウィドのカードがいい目くらましとして機能します。シュート・ザ・ムーンの無効化により、よりスペードのQを回避するプレイの重みが増します。5人プレイがおすすめです。

おわりに

トランプゲーム『ハーツ』をご紹介しました。

4人集まった時に、是非遊んでみてください。