ケンプス/Kemps パートナーに合図を送るトランプゲーム

ケンプス-トランプゲーム

ケンプス/Kemps

:15分 :8歳~ :4/6人

『ケンプス』は手札に同じ数字のカードを4枚集め、パートナーに合図を送って当ててもらうトランプゲームです。

4人、もしくは6人で、2人1組になって遊びます。

戦略
(2.5)
(4.0)
観察力
(5.0)

ゲームの準備

準備するもの
  • トランプ

トランプはジョーカーを除いた52枚のカードを使います。

カードをよく混ぜ、全員にカードを4枚ずつ、全てのカードを裏向きのまま配って手札にします。

その後、場に4枚のカードをテーブル中央にオープンします。残ったカードは裏向きで山にして脇に置いておきます。

合図を決める

ゲームが始まる前に、パートナー同士でカードが揃った時の合図をこっそり相談します。

合図は言葉を使わないものであればなんでもOKです。

MEMO
耳を軽くさわる、ウインクするなど、相手チームにバレにくい合図にすることをおすすめします。

パートナー同士は、向かい合うようにして座ります。

ゲームの進行

ゲーム中は同じ数字のカードを4枚、手札に集めることを目指します。

2通りの遊び方があります。

①を試した後に、②のルールで遊んでみることをおすすめします。

  1. 1人ずつ順番にプレイする
  2. ゲームは時計回りに進行します。スタートプレイヤーをじゃんけんなどで決めます。

    自分の番になったら、場のカードから1枚選んで手札に加えます。

    その後、手札からいらないカードを1枚選んで場に流します。

    2~3周繰り返した後、全員が望むなら場のカードを流して新しく4枚カードをめくります。

  3. 全員同時にプレイする
  4. ゲームは全員同時進行で進みます。

    「よーいドン!」の合図で手札からカードを1枚場に流した後、自分の欲しいカードを場から1枚手札に加えます

    ケンプス-図

    自分の手札が5枚以上にならないように、注意してください。

    プレイヤーの一人がタイミングを見計らって場のカードを流し、新しく4枚カードをめくります。

ケンプスの宣言

自分の手札に同じ数字のカードが4枚揃ったら、自分のパートナーに向けて合図を送ります。

パートナーの合図に気付いたら、「ケンプス!」と宣言します。

ケンプスが宣言されたらゲームを中断し、宣言された人のカードを確認します。

カードが4枚揃っていれば1点追加、まだ揃っていなければ1点減点となります。

もし相手チームの誰かの手札にカードが揃っていると思ったら、相手チームに対しても「ケンプス!」を宣言することができます。

こちらも同じく当たっていれば1点追加、まだ揃っていなければ1点減点となります。

ゲームの終了

ケンプスが宣言されたら、カードを全てシャッフルし配り直してゲームを続けます。

ゲームの途中で合図を変える時間をとっても構いません。

先に4点獲得したチームの勝ちです。

参考 KempsBICYCLE

ここがポイント!

ハラハラドキドキ!カードを集めながら相手のことも気にかけなければならない、けっこう忙しいトランプゲームです。

自分のカードばかりに気を取られていると、パートナーや相手チームの合図に気付けません。

頑張って合図を送っているのになかなかパートナーに伝わらなかったり、相手チームの怪しい動きが実はフェイントだったりして、大いに盛り上がります。

②のルールで遊ぶと、さらに周りが見えなくなって面白さが増します。

きょーみ

気軽に遊べます。パートナーと合図を相談している時間が、実は一番楽しいかもしれません。

おわりに

トランプゲーム『ケンプス』をご紹介しました。

4人/6人で盛り上がりたい時におすすめの遊び方です。

是非遊んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です