ジンラミー/Gin Rammy 2人用超おすすめトランプゲームのルールを紹介

ジンラミー-ホワイト

ジンラミー/Gin Rammy

:20分 :8歳~ :2人

『ジンラミー』はカードのセットを相手より早く完成させることを目指す、2人用のトランプゲームです。

シンプルなゲーム性と熱い駆け引きがポイントのジンラミーは、まさに2人用トランプゲームの最高峰。

ポーカー、ブリッジと並ぶ、世界三大カードゲームの一つです。

戦略
(3.5)
(4.0)
駆け引き
(5.0)

ゲーム概要

プレイヤーは自分の手札の中で役をつくり、手札の点数を下げて10点以下にすることを目指します。

Aは1として扱います。

カードの点数はA~10まではそれぞれ1枚1~10点、絵札は全て1枚10点です。

後述する役をつくると手札の点数が下がっていき、合計点が10点以下になるとラウンド終了の宣言をすることができます。

ゲームの準備

準備するもの
  • トランプ
  • ポーカーチップ

トランプはジョーカーを除いた52枚のカードを使います。

このゲームでは、プレイヤーが交互にディーラー(カードの配り役)を担当します。

ディーラーはカードをよく混ぜた後、相手から順番にカードをそれぞれ10枚ずつ裏向きで交互に配ります。

配り終えたら、デッキの一番上のカードを1枚表向きにめくり、残りのカードは裏向きでめくったカードの隣に置いておきます。

ジンラミー写真セットアップ

手番にできること

ディーラーではないプレイヤーからゲームを開始します。

自分の番にはまず、表向きになった一番上のカードか、裏向きのデッキの上から1枚を引いて、自分の手札に加えます。

その後、手札からいらないカードを1枚選び、表向きで中央のカードに重ねます。

引いたカードを、そのまま捨ててもOKです。

ジンラミー写真高画質-カード交換

カードを捨てたら、相手の番になります。

MEMO
稀にデッキのカードが尽きることがあります。カードが尽きたら、そのラウンドはノーゲームとなります。

カードの役

カードの役はセットとランの2つがあり、揃ったカードの点数は0点になります。

  • セット
  • 同じランクのカードが3枚以上あると、セットになります。

    ジンラミー写真高画質-セット

  • ラン
  • 同じスートの連番のカードが3枚以上あると、ランになります。

    ただし、AとKはつながりません。

    ジンラミー写真高画質-ラン

ラウンドの終了

どちらかのプレイヤーが「ノック」か「ジン」の宣言をしたら、ラウンドを終了し得点計算に移ります。

ノック

手札からカードを1枚捨てるタイミングで、手札の点数が10点以下になる時、いつでも「ノック!」と宣言することができます。

MEMO
手札が10点以下の場合でも、ノックをせずにそのままゲームを続けることができます。

ノックをするときは、捨て札にするカードを裏向きにして中央に重ねます。

ジンラミー写真高画質-ノック宣言

ノックが宣言されたら、お互いに自分のカードを全て公開し、点数を計算します。

この時ノックを宣言された相手プレイヤーは、相手のセットやランに続くカードがあれば、付け札をすることができます

ノックを宣言したプレイヤーは、相手プレイヤーとの点数の差分を獲得します。

ジンラミー写真高画質-ノック勝利

ジン

手札からカードを1枚捨てるタイミングで、手札の点数が0点になった時、「ジン!」と宣言することができます。

ノックと同様に、捨て札にするカードを裏向きにして中央に重ね、お互いのカードを公開して点数を計算します。

ジンラミー写真高画質-ジン宣言

ジンはノックと違い、ジンを宣言されたプレイヤーは付け札をすることができません

ジンを宣言したプレイヤーは、相手プレイヤーとの点数の差分+25点を獲得します。

アンダーノック

ノックをした時、ノックを宣言したプレイヤーの方が点数で負けていた場合、アンダーノックとなります。

この場合、相手プレイヤーが点数の差分+25点を獲得します。

ジンラミー写真高画質-アンダーノック

ゲームの終了

ラウンドが終了したら、ディーラーを交代してカードを配り直してゲームを続けます。

どちらかのプレイヤーが100点に到達したら、そのラウンドでゲームを終了し、得点の高かったプレイヤーの勝利です。

MEMO
遊ぶ時間に応じて、目標点数を適宜調整してください。

ここがポイント!

セットで揃えるかランで揃えるか、どのタイミングでノックを宣言するかが悩ましいトランプゲームです。

序盤は揃っていない絵札や「10」から切っていき、手札の点数を下げていきましょう。

逆にハイランクのカードが捨てられやすいことを利用して、あえてキープしておくのも作戦としてはアリです。


戦略としては、早めにノックを仕掛けにいくか、じっくり我慢してジンを狙いにいくかの大きく2つに分けられます。

ノックには常に、アンダーノックになってしまうかもしれないリスクが付きまといます。

ゲームがズルズルと長引くにつれて、どんどんノックしづらくなるので注意が必要です。

内実はわからないのに、相手の手がだんだん強く思えてくるので不思議です。


相手の捨て札からは、大事な情報が得られます。相手の揃えているカードを読み、相手が欲しそうなカードを無駄に放出しないようにすることがポイントです。

うまく相手のカードを読むことができれば、ノックをされた時に付け札を利用してアンダーノックを狙いにいくこともできます。

カード運と戦略性のバランスの取れた、傑作トランプゲームです。

きょーみ

ジンラミーは選択の連続─己の決断を信じられるかどうかが勝敗を左右します。集めていたカードを思い切って捨てた途端に、「あ〜それさっき捨てたやつや・・・」と後悔する場面も多々・・・でもそれが面白いんです。そしてやはり「ジン」は最高に気持ちいい!グッと引きつけてバシッと「ジン」を決めてやりましょう。

おわりに

2人用トランプゲーム『ジンラミー』をご紹介しました。

ジンラミーで駆け引きや会話を楽しみながら、2人で楽しいひと時を是非お過ごしください。


世界には、まだまだあなたの知らないトランプゲームがたくさん存在しています。

是非他の記事も読んで、お気に入りのゲームを見つけてください。

トランプゲームの本だと、草場純著『夢中になる!トランプの本』(主婦の友社)がおすすめです。

プレイ人数別に紹介された豊富な情報とわかりやすいイラストがポイントで、これ一冊でたっぷりトランプを遊べます。

気になった方はこちらも是非、ご覧になってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です