ドンキー/Donky 超おすすめトランプゲーム紹介

ドンキー-サムネイル

ドンキー/Donky

:20分 :6歳~ :3~6人

『ドンキー』は同じランクのカードを集め、4枚揃ったらテーブル中央に置いてあるチップを素早く取るカードゲームです。

誰かがチップを取り始めたら、自分は揃っていなくても一斉にチップを取りにいきます。

戦略
(2.0)
(3.0)
観察力
(5.0)
反射神経
(5.0)

ゲーム概要

ドンキーは敗者を1人決めるゲームです。Donkeyを直訳すると「うすのろ」「のろま」などの意味になります。

負けるたびに紙に「D」「O」「N」「K」「E」「Y」の文字を書いていき、文字が完成してしまったらそのプレイヤーの負けとなります。

MEMO
文字は遊ぶ時間に合わせて、3文字や4文字に変えてしまっても問題ありません。

ゲームの準備

準備するもの
  • トランプ
  • ポーカーチップ
  • 紙とペン

遊ぶ人数よりも1枚少ないチップを用意して、テーブル中央に置きます。

紙とペンで、以下のような表を作っておきます。

ドンキー-図-スコアシート

トランプは遊ぶ人数に応じて、人数×4枚のカードを用意します。

4人プレイであれば、A~4までのランクのカードを使用します。

カードをよく混ぜたあと、左隣のプレイヤーから順番に1枚ずつ、全てのカードを配ります。

MEMO
配られた時点でカードが4枚揃っていれば、即座に中央のチップを取りにいきます。

ゲームプレイ

ゲームは全員同時進行で行います。

プレイヤーは手札から、いらないカードを1枚選び、裏向きで自分の前に伏せます。

全員がカードを伏せたら、「せーの!」の合図で一斉にカードを左隣のプレイヤーに渡します。

ドンキーイラスト-カード交換

誰かのカードが揃うまで、カードを1枚ずつ回しながらゲームを続けます。

回ってきたカードを確認して、同じランクのカードが4枚揃ったら、中央のチップを取ります

誰か1人がチップを取り始めたら、他のプレイヤーはカードが揃っていなくてもチップを取りにいきます

ドンキーイラスト-チップを取る

チップを取れなかったプレイヤーが、そのラウンドの敗者です。

敗者は自分のエリアに「D」「O」「N」「K」「E」「Y」の文字を1文字記入します。

ドンキー-図-文字記入

MEMO
まだカードが揃っていない時に、ブラフでチップを取りにいくフェイントをかけるのも楽しいです。お手つきをしてしまっても、もちろんアウトです。

ゲームの終了

ラウンドが終了するたびに、カードを混ぜ配り直してゲームを続けます。

誰かがDONKEYの文字を完成させてしまったら、ゲーム終了です。

文字を完成させたプレイヤーの負けとなります。

ここがポイント!

カードが揃った瞬間に熾烈なチップ争奪戦となる、ドタバタ系ゲームです

カードを揃えば、自分のタイミングで安全にチップを取ることができます。

カードがなかなか揃わないときは、自分で揃えることは諦めて、中央のチップに集中した方が無難です。

普通に会話をしながらドンキーを遊ぶのが、きょーみオススメの遊び方です。他人が話に気を取られているスキを狙って、チップを取りにいきましょう。

「負けたらの〇〇の話をする」のように、文字を書くたびに何かペナルティを用意しても楽しいです。

きょーみ

子どもから大人まで、幅広い年代で楽しめるトランプゲームです。カードは揃うのか、チップは取れるかという、二重のドキドキ感がゲームを熱く盛り上げます!

おわりに

トランプゲーム『ドンキー』をご紹介しました。

手軽にスリルを楽しめるドンキーを、是非遊んでみてください。

YouTubeでは、チップをスプーンにして遊んでいる動画が上がっています。


動画内では、52枚全てのカードを使って遊んでいます。

一番手のプレイヤーが山からカードを引き、最後のプレイヤーはいらないカードを1枚捨てています。

こんな風にスピードアップすれば、よりスリリングなゲームが楽しめます。


世界には、まだまだあなたの知らないトランプゲームがたくさん存在しています。

是非他の記事も読んで、お気に入りのゲームを見つけてください。

トランプゲームの本だと、草場純著『夢中になる!トランプの本』(主婦の友社)がおすすめです。

プレイ人数別に紹介された豊富な情報とわかりやすいイラストがポイントで、これ一冊でたっぷりトランプを遊べます。

気になった方はこちらも是非、ご覧になってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です