クレイジーエイト/Crazy Eights トランプで遊ぶUNOのようなゲーム

クレイジーエイト

クレイジーエイト/Crazy Eights

:10分 :5歳~ :2~6人

『クレイジーエイト』はトランプを使って遊ぶUNOのようなルールのゲームです。

早く手札を出し切った人の勝ちとなるシンプルなルールで、小さな子どもも一緒に遊べます。

戦略
(2.0)
(4.0)

ゲームの準備

準備するもの
  • トランプ

トランプはジョーカーを除いた52枚のカードを使います。

カードをよく混ぜた後裏向きで1枚ずつ、1人5枚のカードを手札として配ります。

残ったカードはテーブル中央に裏向きにして置き、一番上のカードを1枚めくって表にします。

この時「8」のカードが出たら、カードを山の中央に戻してからもう一枚カードをめくります。

ゲームプレイ

カードを配った親の左隣のプレイヤーからゲームスタートです。ゲームは時計回りの順番に進行します。

自分の番では手札から中央の一番上のカードと同じスート(マーク)か、同じ数字のカードを1枚選んで出します。

「8」のカードは特殊で、どんな時でも出すことができます。

「8」を出した次のプレイヤーは続けて「8」を出すことはできず、出されたカードと同じスートのカードを出します。

カードが出せない場合は、出せるカードが出るまで山からカードをめくって手札に加えます。

山のカードがなくなったら、表になっている一番上のカードを1枚残して、残りのカードをシャッフルして新たな山とします。

一番早く手札を無くした人の勝ちです。

ここがポイント!

簡単に遊べて実力差が出にくい、誰でも遊べるトランプゲームです。

トランプでUNOのようなゲームを遊びたい時に知っておくと重宝します。

小さな子どもにとっては、ルールや順番を守る、数字やスートを覚える、といった他人と一緒に遊ぶ上での基本的なマナーやルールが学べるゲームです。

大人同士で遊ぶには少々味気ないので、以下のハウスルールを追加するといいでしょう。

ハウスルール

  • 「Q」:スキップ
  • 「Q」が出たら、次のプレイヤーの順番を飛ばします。

  • 「A」:リバース
  • 「A」が出たら、プレイ順が逆になります。

  • 「2」:ドロー2
  • 「2」が出たら、次のプレイヤーはカードを2枚ドローして自分の番を終了します。

    もし「2」を持っていれば、手札から「2」を出してドローを回避することができます。

    「2」を出せなかったプレイヤーは、今まで出た「2」の枚数×2枚のカードを引かなければなりません。

  • 「Joker」:ワイルドドロー4
  • ジョーカーを2枚加えます。ジョーカーはいつでも出すことができます。

    「Joker」を出したプレイヤーは、好きなスートを1つ宣言します。

    次のプレイヤーはカードを4枚ドローして自分の番を終了します。

    もし宣言されたスートの「2」を持っていれば、手札から「2」を出してドローを回避することができます。

    その後続けて「2」を出せなかったプレイヤーは、たまったドローの数分カードを引きます。

    さらに次のプレイヤーは、宣言されたスートのカードを出さなければいけません。

  • 役上がりの禁止
  • 「8」を含め、上記の効果を持ったカードを最後の1枚にして上がってはいけません。

  • 最後の1枚になったら宣言
  • ゲーム開始前にあらかじめ言葉を決めておき、手札が残り1枚になったプレイヤーはその言葉を宣言します。

    宣言を忘れたことを他のプレイヤーに指摘された場合、山からカードを2枚引かなければなりません。

きょーみ

UNOに比べるとカードの枚数が少ないため、6人までで遊ぶのがおすすめです。

おわりに

トランプゲーム『クレイジーエイト』のルールをご紹介しました。

トランプはあってUNOがない…そんな時に、是非お試しください。

おすすめトランプ本

トランプゲームの本を買うなら、『夢中になる!トランプの本―ゲーム・マジック・占い (主婦の友ベストBOOKS)』がおすすめです。

豊富なトランプゲームの他、簡単なトランプ占いやマジックも紹介されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です