【新ルール】アルティメットマルバツゲームが戦略的で面白い!

blog_thumbnail-tic-tac-toe

マルバツゲームは3×3=9マスにマルとバツを交互に書いていき、先に一列を完成させることを目指す、2人用三目並べゲームです。

紙とペンがあればどこでもできるシンプルで面白いゲームですが、何回か遊ぶと飽きてきませんか?

それもそのはず。このゲームは慣れたプレイヤー同士が対戦すると、必ず引き分けになるようにできています

きょーみ

もっと戦略的で、面白いルールのマルバツゲームはないだろうか・・・

海外のサイトを調べてみたところ、マルバツゲームのいい感じのルールを見つけました!

今回はMath with Bad Drawingさんのサイトで紹介されていたアルティメットマルバツゲームをご紹介します。

戦略
(4.0)
(1.0)
思考力
(5.0)

ゲーム概要

各プレイヤーはたて・よこ・ななめに一列、相手より先にエリアを完成させることを目指します。

ゲームの準備

紙とペンを用意します。

紙に以下の図のように、3×3×9=81マスを書きます。

マルバツゲーム-図-準備

ゲームプレイ

先攻のプレイヤーは、まずはじめに好きな場所にマルを書きます。

以降、各プレイヤーは前のプレイヤーが書いた記号の位置と同じエリアに記号を書かなければいけません。

マルバツゲーム-図-記入例1

マルバツゲーム-図-記入例2

手番を交代しながらゲームを進めていき、各エリア内でたて・よこ・ななめに一列が完成したら、エリアを大きくマル/バツで囲みます。

マルバツゲーム-図-エリア占拠

また、以下の場合はそれぞれ特殊な処理を行います。

  • 記号を記入する先のエリアで、列がすでに完成していた場合
  • すでに大きいマル/バツが完成しているエリアに飛ばされた場合、次の手番では空いている好きな場所に記号を書くことができます。

    マルバツゲーム-図-どこでも書ける

  • エリア内で決着が着かなかった場合
  • 列が完成しなかったエリアは、マルにもバツにもカウントしません。

    マルバツゲーム-図-引き分け

選択ルール
両プレイヤーが望むなら、ゲーム開始前に「列が完成しなかったエリアは、マルにもバツにもカウントする」としても良いでしょう。

ゲームの終了

ゲームを続けていき、先にエリアのたて・よこ・ななめを一列、完成させたプレイヤーの勝利となります。

マルバツゲーム-図-勝利条件

ここがポイント!

単純なマルバツゲームが、頭を使った戦略的なゲームに早変わり!かな〜り頭を使います。

エリアを占領されないようにするためには、相手がリーチをかけたエリアに飛ばさないよう注意しなければなりません。

序盤はまだ空きマスが多いので余裕がありますが、中盤〜終盤にかけて徐々に安全地帯が絞られていきます。

勝つためには、中央のエリアは是が非でも抑えにいきたいですね。

「ここに飛ばしたら、きっとこう返してくるはず。」と2手3手先を読んで、上手く相手を誘導できるかどうかが勝利の鍵となります。

きょーみ

紙とペンだけでできる画期的な脳トレゲームです。グーッと深く頭を使います。友達と一緒に、ちょっとリフレッシュしたい時の気分転換に最適です。

おわりに

アルティメットマルバツゲームをご紹介しました。いや〜これは面白い三目並べです。

是非空き時間に、ご家族や友達と遊んでみてください。

「こんなルールも試してみたよ!」というコメントも大歓迎です。是非コメント欄からお気軽にコメントください。

おすすめ三目並べゲーム

大・中・小のコマを使って遊ぶ三目並べゲーム『ゴブレット・ゴブラーズ』もおすすめです。

こちらも是非合わせてご覧ください。

blog_thumbnail-gobblet-gobblers
ゴブレット・ゴブラーズ/Gobblet Gobblers 超おすすめ三目並べゲームを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です