ワンナイトアルティメット人狼/One Night Ultimate Werewolf ゲーム紹介

blog_thumbnail-one-night-ultimate-werewolf

ワンナイト人狼を元に、様々な役職を追加してバージョンアップした『ワンナイトアルティメット人狼/One Night Ultimate Werewolf』をご紹介します。

より複雑化されたワンナイト人狼を楽しみたい方におすすめのルールです。

基本ルールはこちらからご確認ください。

blog_thumbnail-one-night-werewolf
ワンナイト人狼/One Night Werewolf 超おすすめゲーム紹介

準備するもの

ワンナイト人狼のカードではなく、通常の人狼カードのセットを使って遊びます。

私はバンダイの人狼のカードセットと、チップを使ってプレイしています。

海外版ですが、アルティメットワンナイト人狼専用のカードセットも出ています。

役職

3~10人までプレイ可能ですが、4~8人プレイがおすすめです。

役職カードは12種類の中からプレイヤー人数+3枚を使用します。

以下、ワンナイトアルティメット人狼で使用する役職を紹介します。

人間チーム
  • 村人
  • 何の効果も持たない村人です。

  • 占い師
  • 他人のカードを見ることができる効果を持っています。

    他人のカードを1枚、もしくは中央の3枚のカードの中から2枚を選んで見ることができます。

  • 強盗
  • ワンナイト人狼の「怪盗」と同じ効果を持っています。

    自分のカードと他人のカードを交換します。

    交換した後に自分のカードを確認します。

  • トラブルメーカー
  • トラブルメーカーは、他人同士のカードを交換する効果を持っています。

    自分以外の2人のカードを、役職を見ずに交換します。

  • 石工
  • 石工は2枚あります。石工はお互いが石工であることを知っています。

  • 酔っ払い
  • 酔っ払いは、自分のカードを中央のカードと入れ替える効果を持っています。

    中央の3枚のカードの中から1枚選び、役職を見ずに自分のカードと交換します。

  • 不眠症
  • 不眠症は夜の行動が全て終わった後に、自分のカードを最後に確認できる効果を持っています。

  • ドッペルゲンガー
  • ドッペルゲンガーは、他人の役職をコピーしてその役職になりきる効果を持っています。

    夜のターンの一番始めに他人のカードを1枚確認し、以降その役職としてプレイします。

    転身した役職が夜のアクションを持っていれば、後述するドッペルゲンガー1のタイミングで行動を取ります。

  • ハンター
  • ハンターは自分が処刑された時、他のプレイヤーを1人選んで射殺することができます。

人狼チーム
  • 人狼
  • 人狼はゲーム開始時にお互いが人狼であることを知っています。

    また1人狼の場合、中央の3枚のカードの中から1枚を見ることができます。

  • ミニオン
  • ミニオンは人狼チームに属する人間です。

    ミニオンはゲーム開始時に誰が人狼であるかを知っています。

タナーチーム
  • タナー
  • 人間チームにも人狼チームにも属さない、第三勢力です。

    タナーは自分が処刑されると、勝利します。

ゲーム概要

ゲームマスターは導入している役職に応じて、以下のようにゲームを進行します。

  1. 「全員目を閉じてください。」
  2. ドッペルゲンガーのターン1「まずドッペルゲンガーはゆっくり目を開けて、誰かのカードを1枚確認してください。あなたは今からその役職になります。転身した役職が夜のアクションを持っていれば、行動を取ってください。あなたが今ミニオンなら目を開けたままに、そうでなければ目を閉じてください。人狼はドッペルゲンガーにわかるように、親指をあげてください。ドッペルゲンガーは人狼を確認ができたら目を閉じてください。人狼は指を戻してください。」
  3. 人狼のターン「次に人狼は目を開けてお互いを確認してください。あなたが1人狼なら、中央のカードを1枚確認してください。確認ができたら目を閉じてください。」
  4. ミニオンのターン「次にミニオンは目を開けてください。人狼はミニオンにわかるように、親指をあげてください。ミニオンは人狼を確認ができたら目を閉じてください。人狼は指を戻してください。」
  5. 石工のターン「次に石工は目を開けてください。石工はお互いを確認してください。確認ができたら目を閉じてください。」
  6. 占い師のターン「次に占い師は目を開けてください。他のプレイヤーのカードを1枚、もしくは中央のカードを2枚確認してください。確認ができたら目を閉じてください。」
  7. 強盗のターン「次に強盗は目を開けてください。強盗は他のプレイヤーのカードと自分のカードを交換し、新たなカードの役職を確認してください。確認ができたら目を閉じてください。」
  8. トラブルメーカーのターン「次にトラブルメーカーは目を開けてください。トラブルメーカーは自分以外の他人のカードを役職を見ないようにして交換してください。交換できたら目を閉じてください。」
  9. 酔っ払いのターン「次の酔っ払いは目を開けてください。酔っ払いは中央のカード1枚と自分のカードを役職を見ないようにして交換してください。交換できたら目を閉じてください。」
  10. 不眠症のターン「次に不眠症だった人は目を開けてください。自分のカードを確認してください。確認ができたら目を閉じてください。」
  11. ドッペルゲンガーのターン2「次にドッペルゲンガーは自分が今不眠症であるなら、自分のカードを確認してください。確認できたら目を閉じてください。」
  12. 「最後に目を閉じたまま自分のカードの位置を整えてください。」
  13. 「朝がきました。全員、目を開けてください。」

きょーみ

・・・そうなんです・・・全部入れると超カオスです・・・特にドッペルゲンガーを入れるとヤバい・・・。

ゲームマスターの進行が覚えきれない!そんな時はワンナイトアルティメット人狼用の専用アプリ(無料)をダウンロードして使うのがオススメです。

英語、フランス語、ドイツ語のみの対応ですが、ナレーションやタイマー機能、BGM選択機能も付いていて便利です。

one-night-werewolf-screen-shot


button_download_ios

button_download_android

推理をする時は、話を整理するためにチップを使います。

オススメの役職

いきなり全ての役職を入れると効果が覚えきれないので、徐々に役職を増やして遊ぶのがオススメです。

  • トラブルメーカー
  • 何を入れたら良いかわかならい方は、まずはトラブルメーカーを入れてみてください。これだけで十分カオスになります

    強盗の交換+トラブルメーカーの交換まではなかなか読み切れません。

  • ミニオン
  • 人間でありながら、人狼を知り人狼の味方をするミニオンは人間チームを混乱させます。

  • 石工
  • お互いを知っている石工も面白い動きをします。

参考 One Night Ultimate Werewolf/ForumBoardGameGeek

おわりに

『ワンナイトアルティメット人狼』をご紹介しました。

6人以上でワンナイト人狼を遊ぶ時や、役職を増やして遊びたい時にオススメのルールです。

是非アプリを使いながら、遊んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です