ワンナイト人狼/One Night Werewolf 超おすすめゲーム紹介

blog_thumbnail-one-night-werewolf

ワンナイト人狼/One Night Werewolf(2012)

ゲームデザイナー:Akihisa Okui
:10分 :10歳~ :3~7人

ワンナイト人狼-箱

『ワンナイト人狼』は人間チームと人狼チームに分かれて戦う、一夜で終わる人狼ゲームです。

ワンナイトに凝縮された人狼ゲームは、まるで唐辛子のよう。小粒でありながら、ピリリと刺激的な体験のできるゲームです。

戦略
(4.0)
(3.0)
ブラフ
(5.0)

ゲーム概要

プレイヤーは人間チームと人狼チームに分かれ、それぞれ以下の目標を達成するべく行動を取ります。

  • 人間チーム
  • 人狼を見つけて処刑することを目指します。

  • 人狼チーム
  • 人間を上手く騙し、人狼チームが誰一人処刑されないことを目指します。

役職紹介

人間チームには様々な能力を持った役職が存在します。

人間チーム
  • 村人
  • ワンナイト人狼-カード-村人

    特殊能力のない人間です。

  • 占い師
  • ワンナイト人狼-カード-占い師

    他のカードをこっそり確認することができる能力を持った人間です。

    他人のカードを1枚、もしくは配られなかった2枚のカードを確認することができます。

    ワンナイト人狼-図-占い師の能力

  • 怪盗
  • ワンナイト人狼-カード-怪盗

    自分と他人のカードを交換することができる能力を持った人間です。

    他のプレイヤーを1人選んで自分とカードを交換します

    ワンナイト人狼-図-怪盗の能力

怪盗のルール
公式ルールでは「交換しなくてもよい」となっていますが、交換した方がゲームが面白くなるので、怪盗は強制的にカードを交換することをオススメします。
人狼チーム
  • 人狼
  • ワンナイト人狼-カード-人狼

    人狼は夜のターンでお互いの存在を確認します。

ゲームの準備

遊ぶ人数に応じて、カードセットを用意します。ここでは4人用を想定して説明します。

人狼2枚、村人2枚、占い師1枚、怪盗1枚を用意します。

カードをよく混ぜて裏向きのまま各プレイヤーに1枚ずつ配ります。残った2枚のカードは中央に置いておきます。

各プレイヤーはこっそり役職を確認したら、カードを自分の前に置いて全員顔を伏せます。

ワンナイト人狼-図-セットアップ

夜のターン

役職の確認ができたら、夜のターンに移ります。

夜のターンは以下の流れで進行していきます。

  1. 人狼のターン
  2. 占い師のターン
  3. 怪盗のターン
  4. 昼のターンへ

プレイヤーの他に、ゲームには参加しないゲームマスターを1人立てると進行がスムーズです。

いない場合は、1人のプレイヤーがゲームマスター役を担当します。

ゲームマスターは以下のようにゲームを進行します。

  1. 「全員目を閉じてください。」
  2. 「まず人狼はゆっくり目を開けて、お互いを確認してください。確認ができたら目を閉じてください。」
  3. 「次に占い師は目を開けてください。占い師さん、どのカードを占いますか?・・・確認ができたら目を閉じてください。」
  4. 「次に怪盗は目を開けてください。怪盗さん、どのカードと交換しますか?・・・確認ができたら目を閉じてください。」
  5. 「最後に皆さんのカードを整えます。」(カードの位置を整える)
  6. 「朝がきました。全員、目を開けてください。」
役職がバレないように
占い師や怪盗がいなかった場合は、誰もアクションを行いません。ただこの場合も、ゲームマスターはあたかもプレイヤーが存在しているかのようにアナウンスを行ってください。また、物音で役職がバレないように、全員片手で自分の太ももなどを叩くなどして、音を立てるといいです。

昼のターン

全員が目を開けたら誰が人狼なのか、自由に議論を開始します。

占いの結果を伝えたり、互いに予想を伝え合って、役職を探り合いましょう。

議論の時間
議論の時間は初回は5分で遊ぶのがオススメです。また全員の合意が得られれば、議論の途中で投票タイムへ移行しても構いません。

投票タイム

時間がきたら、投票タイムへと移ります。

全員手を挙げて、互いに怪しいと思う人物を「せーの」で一斉に指さします。

口合わせはNG
投票前に「〇〇さんに投票しよう」とプレイヤー同士で口合わせをすることは禁止です。

最も投票数の多かったプレイヤーが処刑されます。最多票が同数だった場合は両者とも処刑されます。

  • 人狼が1匹でも処刑された場合
  • 人間チームの勝利です。

    ワンナイト人狼-図-人狼処刑

  • 人間が処刑された場合
  • 人狼チームの勝利です。

    ワンナイト人狼-図-人間処刑

  • 投票が全員にバラけた時
  • 誰も処刑されません。人狼が1人でもいた場合は人狼チームの勝利です。

    ワンナイト人狼-図-平和村

得点計算

何回かに分けて遊ぶ場合は、人間チームで勝ったら1点、人狼チームで勝ったら2点で得点を記録しながら遊びます。

適当なタイミングでゲームを終了し、最も得点の高かったプレイヤーの勝利です。

平和村の廃止
得点計算しながら遊ぶ場合は、「人狼のいない平和村の場合(つまり、人狼が配られなかったカードに2匹とも隠れている場合)、カードを配り直す」というルールを加えると、得点に差が出て楽しめます。

得点計算には、こちらのポーカーチップが最適です

YouTube「スリアロチャンネル」では、麻雀プロがワンナイト人狼で遊んでいる動画があがっています。(ワンナイト人狼のプレイは1:23:56頃〜)



きょーみ

さすが麻雀プロ!ガチの読み合いが面白いです。

ここがポイント!

遊ぶ度に変わる役職、カードの組み合わせ──。様々なファインプレーが飛び出す傑作ゲームです。

1プレイは10分ほどでサクッと終わるのですが、疑心暗鬼になってお互いを探る時間はとっても濃密。

人狼側は1人の時と2人の時で、だいぶ戦い方が変わってきます。2人いる時はお互いに協力できるため、占い師や怪盗を騙りながら、人間チームを誘導していく戦略が割とはまりやすいです。

一方で人間チームは人狼チームの騙りを見越して、あえて最初は役職を伏せておき後から「わたしが本当の占い師です!」と名乗り出るカウンターアタックを仕掛けることができます。

そして、このゲーム最大のポイントはゲームを引っ掻き回す怪盗の存在です。

怪盗は夜のターンで必ず一番最後に行動をします。つまり、2人狼でお互いを確認した後に怪盗にカードを交換させられて、「気が付かないうちに人間チームになっていた!」ということがまま起こります。

時に人狼は、怪盗にカードを交換させられたことを察知したら、「わたしは元人狼でした!」とカミングアウトすることも必要です。

きょーみ

人狼を引いて、夜のターンに顔を上げた瞬間に仲間がいなかったときの孤独感たるや…(泣)。でもその逆境の中を勝ち抜いてこそ、真の人狼です!非常に中毒性のあるゲームで、学生時代には友人とぶっ続けで4~5時間プレイしたこともありました。いや〜超オススメですよ!

おわりに

『ワンナイト人狼』をご紹介しました。箱はコンパクトで持ち運びやすいサイズです。

ただしカードはかなり傷付きやすいため、爪で引っ掻いたりして跡が残らないよう、カードの取り扱いには注意が必要です。

是非友人とワンナイト人狼で、熱いひとときをお過ごしください。

バリエーションルール

『ワンナイト人狼』をさらに複雑化させた『ワンナイトアルティメット人狼』のルールをご紹介しています。こちらも合わせてご覧ください。

blog_thumbnail-one-night-ultimate-werewolf
ワンナイトアルティメット人狼/One Night Ultimate Werewolf ゲーム紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です