ホイスト/Whist 4人用超おすすめトランプゲーム紹介

ホイスト-ルール-サムネイル

ホイスト/Whist

:30分 :12歳~ :4人

『ホイスト』は2対2に分かれてトリックを取り合う、トリックテイキングゲームです。

トリックテイキングゲームとは、手札からカードを順番に出していき、一番強いカードを出した人がカードを取るタイプのカードゲームのことを指します。

難しく考える必要はなく、基本的には以下の3点を押さえておけば、大丈夫です!

  1. トリックを取る
  2. 一番強いカードを出してカードを取ることをトリックを取る=トリックテイキングと言います。

    カードの強さはゲームごとに違いますが、(強)A>K>Q>J>・・・4>3>2(弱)となっていることが多いです。

    例えば、「4」「6」「K」「9」のカードが出た場合、一番強い「K」を出したプレイヤーがこのトリックを取り、カードを全て獲得します。

    トリックテイキング-ルール-トリックに勝つ

    1順した後にカードを取ることを、1トリックを取ると言います。

  3. リードとフォロー
  4. トリックテイキングゲームで、一番最初にプレイされたカードのことを、リードと言います。

    多くのトリックテイキングゲームでは、リードされたカードと同じスート(マーク)のカードを可能な限りで出す、マストフォローのルールを採用しています。

    リードされたカードと同じスートのカードを出すことを、フォローすると言います。

    トリックテイキング-ルール-リードとフォロー

    フォローできない時には、手札から他のスートのカードを出します。

    一般的なトリックテイキングゲームでは、リードと異なるスートのカードは、後述する切り札を除いて、そのトリックに必ず負けます

  5. 切り札(トランプ)
  6. 多くのトリックテイキングゲームでは、切り札(トランプ)を採用しています。

    切り札はトリック開始前に決定することが多く、切り札のスートが最強のスートになります。

    例えばハートが切り札だった場合、カードの強さはA>K>Q>J>・・・4>3>2>リードされたスートのA>K>Q>J・・・4>3>2>他スートのA>K>Q>J・・・4>3>2となります。

    トリックテイキング-ルール-切り札

カードが配られたら、スートごと、強さ順にカード並べ替えると、プレイしやすいです。

トリックテイキング-並び替え

18世紀から19世紀にかけてイギリスで流行したというホイスト。トリックテイキングゲームのベーシックな面白さが味わえます。

戦略
(4.0)
(3.5)
チームプレイ
(5.0)

ゲーム概要

ホイストは向かい合うプレイヤー同士でペアを組み、チームで7トリック以上取ることを目指すゲームです。

6トリックを超えると1トリック増えるごとに、獲得できる点が1点ずつ増えていきます。

ゲーム終了時に、得点の高いペアの勝利となります。

ゲームの準備

準備するもの
  • トランプ

トランプはジョーカーを除いた52枚のカードを使用します。

MEMO
トランプが2セットあると、1セットをシャッフルしている間にもう1セットを配ることができ、ゲームの進行がスムーズになります。

カードの強さはA>K>Q>J・・・4>3>2です。

カードをよく混ぜ、ディーラー(配り役)の左隣のプレイヤーから裏向きのまま各プレイヤーに1枚ずつ、1人13枚、時計回りに全てのカードを配りきります。

ディーラーは、最後に配るカードを表向きにします。表向きになったカードのスート(マーク)が、このラウンドの切り札となります。

ホイスト-図-切り札

ディーラーは最後に表向きにしたカードも、自分の手札に加えます。

ゲームプレイ

ゲームは時計回りに進行します。ディーラーの左隣のプレイヤーは、手札から最初のカードをリードします。

以降、1人1枚ずつ手札からカードをプレイしていきます。

リードされたカードのスートのカードを持っていれば、必ずそのスートのカードをプレイしなければなりません

リードされたカードのスートのカードを持っていなければ、切り札を含め、手札から好きなカードをプレイすることができます

4枚のカードがプレイされたら、カードの強さを比較して、最も強いカードを出したプレイヤーがトリックを獲得します。

獲得したカードはセットにして、自分の前にチームごとに、手札とは別にして置いておきます。

ホイスト-図-トリック獲得

MEMO
ゲーム中は何トリック取ったかわかるように、獲得したカードをセットにして交互に重ねていくと見やすいです。

トリックを獲得したプレイヤーから、新たなカードをリードをしてゲームを続けます。

合計13トリック、全てのカードをプレイしたら、得点計算に移ります。

得点計算

チームのトリック数を計算し、7トリック以上取っていれば、6トリックを超過した分だけ点数を獲得します

ホイスト-78-得点計算

次のラウンドはディーラーを左隣のプレイヤーに交代します。

カードをシャッフルし、配り直して新たなラウンドを始めます。

適当なタイミングでゲームを終了し、最も得点の高かったチームの勝利となります。

MEMO
公平性を保つためには、全員がディーラーを1~2回ずつ担当するのがおすすめです。4,8ラウンドなど4の倍数だけラウンドを続けるといいでしょう。

ここがポイント!

チーム戦が熱い、ベーシックなトリックテイキングのゲームです。

複雑な変速ルールもなく、トリックテイキングゲーム初心者にもおすすめです。

ペア戦であるため、パートナーや相手がどのスートのカードを持っていないかという情報を覚えておくことが大事です

どのカードを持っているか口頭で伝え合うのはルール上禁止ですが、プレイからある程度予測を立てることはできます。

AやKといった強いカードも、切り札を出されて負けないように、出し所に注意する必要があります。

きょーみ

一回プレイすれば、トリックテイキングゲームの基礎を習得できます。少ないながらも毎手番選択肢があり、頭を悩ませます。慣れるまでには少し時間がかかりますが、繰り返し遊んでいるうちに、だんだんとコツが掴めてくるはずです。

おわりに

トランプゲーム『ホイスト』をご紹介しました。

トリックテイキングの経験者がいる場合は、経験者とペアを組んで遊んでみるといいです。

まだトリックテイキングゲームをやったことのない方は、是非ホイストでトリテデビューを果たしてみてください。


世界には、まだまだあなたの知らないトランプゲームがたくさん存在しています。

是非他の記事も読んで、お気に入りのゲームを見つけてください。

トランプゲームの本だと、草場純著『夢中になる!トランプの本』(主婦の友社)がおすすめです。

プレイ人数別に紹介された豊富な情報とわかりやすいイラストがポイントで、これ一冊でたっぷりトランプを遊べます。

気になった方はこちらも是非、ご覧になってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です