LINKASE AIR with ADMレビュー / iPhone11用の頑丈で黄ばみに強いクリアケース

LINKASE AIRレビュー

シンプルなデザインで衝撃に強いiPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Max用のクリアケース「LINKASE AIR with ADM」。

背面にはコーニング社のゴリラガラス、側面部分はTPU素材を使用したハイブリット仕様で、高い衝撃吸収性を誇ります。


今回はLINKASE AIR with ADMを実際に使ってみた使用感をお伝えします。

iPhone本体のデザインを活かしつつ、しっかりiPhoneを保護したい方におすすめのクリアケースです。

LINKASE AIR with ADM / グリップ感覚

柔らかいTPU素材が手にしっかりフィットします。

側面部分には黄ばみに強いADM素材が使われており、汚れにも強く長持ちしそうです。


iPhoneケース四隅のエッジ部分が1mm高く設計されているため、画面を下に向けて置いても液晶画面が直接テーブルに触れることはありません。

右下部分には、ストラップホールも付いています。

LINKASE AIR with ADM / ボタン周り

音量調整ボタン、サイドボタンは、やや厚めのプロテクトで守られています。

ボタン感覚は結構硬めです。アプリをインストールする時の「サイドボタンをダブルクリックする動作」など、最初は若干のやりづらさを感じるかもしれません。

きょーみ

結構硬めですが、使っていく内にだんだん硬さに慣れていきます。

ボタンが硬いので、カバンやポケットの中で勝手にiPhoneのボタンが押されてしまう「誤クリック」は起こりづらくなっています。

LINKASE AIR with ADM / カメラ周り

カメラ周りはエッジ部分と同様、高めに設計されています。

Appleのロゴがある面を下に置いても、レンズがテーブルに触れることはありません。

LINKASE AIR with ADM / スピーカー周り

充電ポート部分を除き、スピーカー周りにも保護カバーが付いています。

スピーカー用の穴が空いており、音質には影響ありません。

この部分は、Apple純正のクリアケースと大きく異なる点です。

Apple純正ケースの方にはスピーカー部分のプロテクトがなく、側面下部に空きがある状態になっています。

これは推測ですが、Apple純正ケースはホーム画面に戻る時に使う「下からスワイプ」をする時に、指がケースに当たらないように設計されたのではないかと思われます。

実際、LINKASE AIR with ADMを使っていると「下からスワイプ」をする時に指がケースのフチに当たります。

ただ、毎日使っていると次第に慣れて気にならなくなります。

LINKASE AIR with ADM
Apple純正クリアケース
スピーカー周りのプロテクトあり
スピーカー周りのプロテクトなし

LINKASE AIR with ADM / 注意点

背面のガラス部分は頑丈ですが、しばらく使っていると指紋で汚れてきます。

そのため、iPhone画面を拭くクロスを併せて用意するのがおすすめです。

わたしはサンワサプライのクロスを使っています。iPhoneの背面、液晶部分やPC画面を拭く時に重宝します。

まとめ

iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Max用のクリアケース「LINKASE AIR with ADM」の使用感を紹介しました。

洗練された美しいケースで、大変気に入っています。

  • シンプルで頑丈なクリアケースが欲しい
  • 長く使える高品質なものを選びたい

という方におすすめです。毎日触れるものだからこそ、いいケースを使って破損・故障のリスクからiPhoneを守りましょう。

シャッター音を無音にできるカメラアプリ「Microsoft Pix カメラ」
iPhoneカメラのシャッター音を無音にできるMicrosoftのアプリ
ビンゴアプリ
宴会で使える無料のビンゴゲームアプリはこれで決まり!
スマホの通信量を節約する方法
スマホの通信量を無理なく確実に節約する方法