iPhoneの睡眠分析が記録されない時に確認する2つのポイント

iPhone睡眠分析が記録されない時

https://i0.wp.com/kyoheiomi.com/wp-content/uploads/2018/03/ad36f3772089553e38c1212b6c89e353.png?w=880&ssl=1
きょーみ

こんにちは、きょーみです!

iPhoneの睡眠分析が記録されない時に確認するポイントを2つ紹介します。

  1. 就寝時間のアラームがオンになっているか
  2. アラームがなった時に「停止」ボタンを押して止めたか

アラームはちゃんと鳴るのに睡眠分析が記録されない・・・。もしかしたら「停止」ボタンを押してアラームを止めていないことが原因かもしれません。

詳しく解説していきます。

「ベッドタイム」から睡眠時間を設定する

睡眠時間は、時計アプリの「ベッドタイム」から設定できます。

就寝時間を設定する曜日を選択し、バーを操作して就寝時間と起床時間を設定します。

睡眠分析のデータは「ヘルスケア」に同期されます。

① 就寝時間のアラームがオンになっているか

まず、そもそも就寝時間のアラームがオフになっていないかを確認してみてください。

アラームは複数設定することができますが、就寝時間のアラームは1番上に表示されます。

「ベッドタイム」の就寝時間&起床時間が「オフ」になっていたら、オンにしましょう。

② アラームがなった時に「停止」ボタンを押して止めたか

アラームがちゃんと鳴るのに睡眠分析が記録されない時は、停止ボタンを押してアラームを止めているかをチェックしてみましょう。

ベッドタイムでアラームがなると真ん中に「スヌーズ」、下の方に「停止」が表示されます。

「停止」ボタンでアラームを止めた時には「おはようございます」のメッセージと今日の天気が表示がされます

「スヌーズ」を押すと、9分後に再びアラームがなります。スヌーズした時間分睡眠分析の時間に加算されます。

注意
停止ボタンを押さずにアラームをオフにしても、睡眠分析は記録されません。

たとえば以下のようなアラームの止め方だと睡眠分析が記録されません。

  • アラームが鳴ったが、サイドボタンを押してとりあえずアラームを切った。その後自分で時計アプリを開いてアラームをオフにした。
  • アラームが鳴った時にスマホをいじっていた。画面上から出てきた時計アプリの通知をタップして、そのままアラームをオフにした。

きょーみ

この方法だとダメなんですよね・・・。睡眠分析を記録するなら、停止ボタンを押して起きる癖をつけましょう。

二度寝が不安な場合はアラームを追加する

「停止」ボタンを押すと睡眠分析は記録されますが、スヌーズ機能はありません。

二度寝が怖い方は、別のアラームを追加で設定しておきましょう。

おわりに

iPhoneの睡眠分析が記録されない時に確認するポイントを紹介しました。

ちょっと停止ボタンが小さくてわかりにくいですよね・・・この点は今後のiOSアップデートに期待します。

ヘルスケアアプリに同期させた睡眠分析のデータは、他の健康系のアプリにも連携できて便利です。

睡眠分析のポイントを押さえて、iPhoneのベッドタイム機能をうまく活用してみてください。