【Mac対応】e-Tax用ICカードリーダーと必要なケーブル類 | 非対応機種に注意!

https://i2.wp.com/kyoheiomi.com/wp-content/uploads/2018/03/ad36f3772089553e38c1212b6c89e353.png?w=880&ssl=1
きょーみ

こんにちは、きょーみです!

令和元年度の確定申告では、e-Taxのマイナンバーカード方式を利用しました。

今回はe-Taxのマイナンバーカード方式で、Mac対応のICカードリーダーと必要なケーブル類について紹介します。

ICカードリーダーの中にはe-Tax用でもWindowsにしか対応していないモデルがあるので、購入前によく確認するようにしてください。

スマホから申告可能に
マイナンバーカード方式では令和2年1月31日から、スマホとマイナンバーカードで申告ができるようになりました。スマホを使って申告する方法は、国税庁の確定申告特集ページからご確認ください。

Macでe-Tax申告(マイナンバーカード方式) | 必要なもの

e-Tax-Mac対応ICカードリーダー
  • マイナンバーカード
  • Mac対応のICカードリーダー
  • USB-C & USB-A 3.0変換ケーブル

USB-C & USB-A 3.0変換ケーブルは、ICカードリーダーとMacをつなぐケーブルです。

USB-C USB-A変換ケーブル

最近のMac BookシリーズのポートはThunderbolt 3 (USB-C)なので、ICカードリーダーのUSBとつなげるためには変換ケーブルが必要です。

iMacなどのUSB-A 3.0が直接差し込めるポートがあるモデルのMacを使っている場合は、追加のケーブルは不要です。

Macシリーズのポートに関しては、Apple公式ページMacのポートを調べるから対応するケーブルを確認してください。

マイナンバーカード

マイナンバーカードは交付申請から受け取りまで約1カ月かかります。申請方法はマイナンバーカード総合サイトから確認してください。

確定申告の前に、余裕を持って所得しておきましょう。

Mac対応のICカードリーダー

ICカードリーダーは家電量販店のほか、Amazonや楽天などで購入することができます。

ICカードリーダーを選ぶ時には、必ずMacに対応しているかを確認してください。わたしはレビューの多さに安心してMac非対応のものを購入してしまい、再購入することになってしまいました…。

SonyのPaSoRiはMac非対応でした。

NTTコミュニケーションズのICカードリーダライタ「ACR1251CL-NTTCom」はMacにもWindowsにも対応している機種です。

NTT-ICカードリーダライタ-Mac対応

はじめてでも問題なくマイナンバーカードが認証できました。NTTコミュニケーションの公式ホームページからドライバソフトをインストールすると、Macで使えるようになります。

USB-C & USB-A 3.0変換ケーブル

ICカードリーダーとMacをつなぐケーブルを持っていない場合は用意しましょう。

変換器は短いコード付きのケーブルタイプと、持ち運びやすいアダプタータイプがあります。

おわりに

e-Taxのマイナンバーカード方式で、Mac対応のICカードリーダーとケーブル類について紹介しました。

繰り返しになりますが、Macユーザーの方はくれぐれもMac非対応のICカードリーダライタを買わないようお気をつけください。

e-Taxの公式サイトはまだわかりづらい部分も多く、事前の手続きは正直面倒で大変です…。しかしe-Taxで申告することによるメリットもあります。

令和2年分から65万円の青色申告特別控除の適用要件が変わります。e-Taxで申告することで、青色申告特別控除額が55万円→65万円になります。

e-Taxをうまく活用して、賢く青色申告特別控除を受けましょう。