クアルト/Quarto 超おすすめゲーム紹介

blog_thumbnail_quarto

クアルト/Quarto(1991)

ゲームデザイナー:Blaise Muller
:20分 :8歳~ :2人

クアルト-写真

『クアルト』は縦、横、ななめに同じ種類のコマを4つ並べることを目指す2人用ゲームです。

あなたの判断力を鈍らせにくる、この不思議な四目並べの魔力に負けないでください。

spiel_des_jahres_logo 1993年 ドイツ年間ゲーム大賞 (Spiel des Jahres) ノミネート作品
戦略
(5.0)
(1.0)
観察力
(5.0)

ゲーム概要

ゲームには16個のコマとボードを使います。

コマには色、高さ、形、穴の有無の4つの要素があります。この内どれか1種類の要素を縦、横、ななめに4つ揃えた後に「クアルト!」と宣言することができれば勝ちです。

クアルト-要素

「─同じ要素を揃えるだけなら簡単なのでは?」いえいえ!そうそう上手くはいきません!このゲームの最大の特徴は、相手に手渡されたコマを置かなければならない点です。

手番ではストックから相手が選んだコマを受け取り、それをボードに配置します。次の番では相手に置いてもらうコマを渡し…これを「クアルト!」が出るまで繰り返していきます。

もし相手が「クアルト!」に気が付かないまま次のコマを渡してきた場合は「クアルト!」と宣言すれば逆転することができます。

両者とも「クアルト!」に気が付かなかった場合は、その「クアルト!」は無効となり、ゲームが続きます。

ここがポイント!

揃える要素が4×2=8種類もあるので、よく注意していてもつい見落としてしまいます。

縦、横、ななめにダブルリーチ、トリプルリーチをかけながら、相手の渡せるコマを制限していくのが基本戦術です。

きょーみ

キレイに勝たれた後には、泣きのもう一回が入ります(笑)私は苦手なタイプのゲームです。どうも勝ち筋が見えません…。

おわりに

クアルト-写真

たった16個のコマで、これだけ凝縮された体験ができるのはクアルトならでは。美しく洗練されたゲームを是非体験してみてください。

私がご紹介したのはこちらのクアルト・ミニです

ギガミック社ゲームの関連記事

ギガミック社のゲームはインスタ映えするおしゃれなゲームが多いです。気になった方は他のゲームも是非ご覧になってみてください。

blog_thumbnai_lquoridor
【論理的思考力】コリドール/Quoridor 超おすすめゲーム紹介
blog_thumbnail_pylos
ピロス/Pylos 超おすすめゲーム紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です