自分の人生を考えて「今」を見つめるための3つの軸

人生を3軸で考える

きょーみ

こんにちは、きょーみです!

先日、自分の人生を整理して、人生について考えるワークショップを開催しました。

自分の過去を振り返り、今をじっくりと見つめる時間は大変貴重で、予想以上に大きな収穫を得ることができました。

今回は紙とペンを使って、自分の人生を3つの軸で考える手順についてご紹介します。

具体的には以下の3つの軸を手がかりにして、自分の人生を掘り下げていきます。

  1. 人との出会い
  2. 体験
  3. 決断

これからの自分の人生をどう生きていくべきか、考える際の一助となれば幸いです。

自分の人生を整理する流れ

3つのステップで自分の人生を整理していきます。

時間を取って、集中力を保った状態のまま一気にやってしまうのがおすすめです。

  • 手順1
    人生を3つの軸で整理する
    人との出会い/体験/決断の3つの軸で、自分のライフイベントを洗い出していきます。
  • 手順2
    時系列順にして書き出す
    手順1で整理したイベントを、時系列順にまとめます。
  • 手順3
    今を見つめる
    最後に整理した自分の人生ボードを見つめて、いまなにをすべきかを考えます。

準備するもの

準備するもの
  • ノートなどの紙
  • ペン

余裕があれば、(手順2)で使うためのボードを最初に描いておくと、うまい具合に時系列順に整理できます。

人生ゲームのようにマス目を区切って描いていくといいですよ!

手作り人生ゲームボード

MEMO
ノートを使う場合は見開き2ページ分を使って、1ページに25~30マスを目安に。他人に見せるためのものではないので、キレイにきっちり描かなくてもOK。

スマホ/TVはオフにする

スマホはPC、テレビなどの電子機器は電源を切っておくか、マナーモードにして通知が気にならないようにしておきます。

このワークは、いわば自分との戦い─ いかに自分自身と真正面から向き合えるかの勝負です。

集中力を阻害するものは、あらかじめ排除しておきましょう。

音楽をかけてもOKです。クラシックのピアノ曲など自分がリラックスできる曲を選んでください。

手順1:人生を3つの軸で整理する

自分が生まれてから、いままでの人生を思い出しながら、3つの軸に沿って人生の整理を行います。

まず人との出会い体験決断と3つに区切って、それぞれ書き込むスペースを作ります。

そのあとは箇条書きに書き出してもよし、思い浮かんだところから書いていってもよし。

幼少期/小・中学校/高校・大学/大人・・・と記憶をたどりながら、自分のペースで書き出してみてください。

人との出会い

あなたの人生に大きな影響を与えた人物を書き出していきます。

  • 友人
  • 仕事
  • 恋愛
  • 人生観を変えた人
  • 反面教師
  • 歴史上の偉人

体験

あなたが体験したことの中から、特に大きな刺激を受けたものを挙げていきます。

  • お金
  • 遊び
  • 映画
  • 本/漫画
  • 趣味

決断

あなたの人生の分岐点となった、大きな決断を書き出していきます。

手順2:時系列順にして書き出す

おおかた整理ができたら、書き出したライフイベントを時系列順に並べ直していきます。

マスの中には、

  1. イベント/出来事
  2. 結果、何を得たか/何を失ったか

を書いて自分を客観的に評価してみましょう。

空いているスペースに補足情報を書いたり、やりながら感じたことをメモしたりすると、より深く自分と向き合うことができます。

手順3:今を見つめる

完成したら、まずはできあがった自分の人生をゆっくりながめてみましょう。

自分と真剣に向き合ってみて、なにを感じましたか?

ここまで頑張って自分と向き合った自分自身を褒めつつ、最後に今やりたいことを整理してみましょう。

ポイントは過去でもなく、未来でもなく、今の自分に集中することです。

5年後、10年後先の未来ではなく今に集中することで、自ずと未来のマスにつながる”今”すべきことが見えてきます

おわりに

紙とペンを使って、自分の人生を3つの軸で考える手順についてご紹介しました。

自分の人生の正解は、自分で探すしかありません。

自分は何を大切にして生きていくのか─ これからの人生をどう生きていくのか─

慌ただしい日常から少し離れて、自分と本気で向き合う時間を取ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です