ねことねずみの大レース/Viva Topo! 超おすすめゲーム紹介

blog_thumbnail_vivatopo

ねことねずみの大レース/Viva Topo!(2002)

ゲームデザイナー:Manfred Ludwig
:20〜30分 :4歳〜 :2~4人

ねことねずみの大レース_vivatopo_写真

『ねことねずみの大レース』は背後から追いかけてくる猫に捕まらないように、サイコロを降ってねずみを進め、より多くのチーズを持ち帰ることを目指すゲームです。

このゲームの面白さを知ってしまったら、きっと”ただのすごろく”にはもう戻れません。

kinderspiel_des_jahres    2003年 ドイツ年間キッズゲーム大賞 (Kinderspiel des Jahres) 受賞作品
戦略
(2.5)
(4.0)
ドキドキ感
(5.0)

ゲーム概要

ゲームには専用のサイコロ1つ、ネズミのコマ、猫のコマ、ゲームボードを使います。

1人4~5匹(プレイヤー数によって変わります)のねずみのコマを持ちます。自分の番ではサイコロを降って、出た目だけ自分の色のねずみを進めます。

この時、どのねずみを進めてもOKですが、必ず1匹のねずみを動かしてください。(4の目が出て、2と2に分けて2匹を進ませることはできません)

サイコロには猫の目があり、猫の目が出たら自分のねずみを1マス進めた後に、猫を1マス動かします。猫に捕まってしまったねずみは、ゲームから取り除かなくてはいけません!

ねことねずみの大レース_猫の目

ゴールまでたどり着けば、6点分のチーズをゲットできます。またコースの途中にはチーズのかけらのある部屋が4箇所あり、逃げきれないかもと思ったらここに逃げ込むこともできます。(1→2→3→4点と、ゴールに近づけば近づくほど得点も増えます。)

ねことねずみの大レース_02

6点分のチーズも部屋のチーズも早い者勝ち!

コースから全てのねずみがいなくなったらゲーム終了。一番多くチーズを集めた人の勝ちです。

ここがポイント!

サイコロを振った後、どのねずみを動かすかがこのゲームのポイントです。6点のチーズを目指して先頭のねずみをどんどん進めるもあり、猫に捕まらないように全員をバランス良く進めるもあり。プレイングに性格が現れます。

きょーみ

子どもがゲーム中ずっと、一匹のねずみを動かし続けているようであれば「こっちのねずみさんも動かせるけど、どうする?」と聞いてあげましょう。複数のねずみを動かせるルールが理解できていないかもしれません。考えるきっかけを与えることで、子どもの意思を引き出します。

猫の目は1/3の確率で出ますが、どのタイミングで出るかは運次第です。「今日の猫は大人しいな〜(余裕)」なんて言っていると、いきなり連続して猫の目が出たりして「猫きたー!!」と盛り上がります。

また2周目からは猫が2倍のスピードで追いかけてくるので、うかうかしているとあっという間に追いつかれてしまいます。ゲーム終盤にかけて、チーズ争奪戦はさらにヒートアップします。

ネコとネズミの大レース_写真

1つのマスに入れるねずみは4匹まで。
ひしめき合っているねずみも可愛いです!

おわりに

2003年にはドイツ年間キッズゲーム大賞 (Kinderspiel des Jahres)も受賞しており、面白さはお墨付き!

可愛いボードと、温かみのある木のコマも◎。子どもも大人も一緒に楽しめる、超おすすめゲームです。

2015年にパッケージとコマを一新した新しいバージョンが出ています。猫やねずみの表情も若干変わっているので、こちらからご確認ください

バリエーションルール

『ねことねずみの大レース』をさらに楽しむためのバリエーションルールをまとめました。こちらも合わせてご覧ください。

blog_thumbnail_vivatopo
ねことねずみの大レース/Viva Topo! おすすめバリエーションルールまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です