街コロ 超おすすめゲーム紹介

blog_thumbnail_machikoro

街コロ /Machi Koro(2012)

ゲームデザイナー:菅沼 正夫
:30分 :7歳~ :2~4人

街コロ-写真-箱

『街コロ』はカフェやコンビニなど、様々な施設を自分の街に建てて街を発展させていき、いち早く4つのランドマークを完成させることを目指すゲームです。

勝つのはコンビニがたくさんある便利な街か、工場が立ち並ぶ工業地帯か。自分だけの街づくりに挑戦しましょう。

spiel_des_jahres_logo 2015年 ドイツ年間ゲーム大賞 (Spiel des Jahres) ノミネート作品
戦略
(3.5)
(3.5)
街づくり
(5.0)

ゲーム概要

各プレイヤーはゲーム開始時に麦畑とパン屋のカードを1枚ずつ、ランドマークカード4枚、3コインを受け取ります。

ランドマークカードはグレースケールの裏面を表にして置いておきます。この4つのランドマークカードを完成させることがゲームの目的です。

街コロ-写真-セットアップ

施設カードを施設ごとにまとめ、テーブルの中央に並べます。

カードの見方

カードにはそれぞれ以下の情報が書いてあります。

街コロ-写真-カードの見方

  1. サイコロの出目
  2. 効果が発生するサイコロの目の合計値を表します。

  3. アイコン
  4. 施設の種類を表しており、特定のカードとの組み合わせで効果を発揮します。

  5. 効果
  6. 上部のサイコロの目が出た時の効果が記されています。

  7. 価格
  8. 施設を自分の街に建てるために必要なお金を表しています。

手番にできること

自分の番ではサイコロを降って収入を得る、新たな施設を建設するの2つの行動を取っていきます。

1. サイコロを降って収入を得る

プレイヤーはサイコロを1つ振ります。出た目と各プレイヤーがそれぞれ持っているカードに応じて効果を発揮します。

駅のランドマークが完成していれば、サイコロを1つ振るか、2つ振るかを選ぶことができます。

街コロ-写真-駅

カードの種類は大きく分けて以下の4種類です。

街コロ-写真-カードの種類

  • 青色:いつでも
  • 誰のターンでも効果を発揮します。

  • 緑色:自分のターンのみ
  • 自分のターンに目を出した時のみ、効果を発揮します。

  • 赤色:相手のターンのみ
  • 相手からコインを奪う効果があります。相手が目を出した時のみ、効果を発揮します。

  • 紫色:自分のターンのみ
  • 相手からコインや施設を奪う効果があります。自分のターンに目を出した時のみ、効果を発揮します。紫のカードは1種類につき1枚しか購入するこができません

出た目に応じて、コインをもらいます。のカードの効果は反時計回りに処理していきます。

また、複数のカードの効果が同時に発生した場合は、の順に処理をします

街コロ-カフェ-写真

例:左下のプレイヤーの番で「3」を振りました。現在3コインを持っています。まず「カフェ」の効果で反時計回りに1コイン、2コインを渡します。左上のプレイヤーはコインが残っていないのでもらえません。その後、自分の「パン屋」の効果でバンクから1コインをもらいます。

2. 新たな施設を建設する

マーケットに残っている施設カードの中から、もしくは自分のランドマークカードを1枚選び、建設に必要なコインを払って自分の街に建設します。

ランドマークを建てたら、建てたことがわかるようにカードを裏返します。

MEMO
  • 自分の街に同じ施設を複数建てることもでき、施設の数だけ効果も強力になります。
  • マーケットにカードがなくなった施設は、もう建設することができません。早いもの勝ちです。

ゲームの終了

自分の番が終わったら時計回りの順で次の人の番となり、ゲームを続けていきます。

ランドマークを4つ完成させることができたプレイヤーの勝利です。

ここがポイント!

サイコロを振る楽しさと、施設を買う楽しさが上手く融合したゲームです。手番を重ねるごとに自分の街が発展していき、どんどん収入が増え拡大再生産の満足感が得られます

カードの中には牧場とチーズ工場、森林と家具工場といった相性の良いコンボカードがあり、これらのカードが上手くハマると一気にお金を稼げます。

同じ種類のカードをたくさん集めて1点がけを狙うのもあり、収入が得られる確率を上げるべく分散投資するのもありです。プレイングに性格が表れます。

ただ、1人のプレイヤーに1つの施設を独占されるのは危険です。例えばコンビニを5枚集められると「4」の目が出るだけで3×5=15金も稼がれてしまいます。

勝つためには相手の出方も見つつ、独占させないように相手が集めている施設を買っておくことも大事です。

きょーみ

ランドマークにもそれぞれ強力な効果があるので、どのランドマークから完成させるかも悩みどころです。若干運の要素が大きいゲームなので、通常ルールに慣れてきたらバリエーションルールも取り入れてみてください。

おわりに

街コロ_写真

サイコロを振って施設を買うだけのシンプルなゲームなので、小学校低学年のお子さんでも遊べます。

2015年にはドイツ年間ゲーム大賞最終候補の3作品にまで残ったゲームです。かわいいイラストも魅力的。

誰でも気軽に楽しめる街コロで是非、遊んでみてください。

施設やランドマークの種類を増やせる、2種類の拡張セットも出ています

バリエーションルール

『街コロ』をさらに楽しむためのバリエーションルールをまとめました。こちらも合わせてご覧ください。

blog_thumbnail_machikoro_variant
街コロ ゲームに新たな戦略性を加えるバリエーションルールまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です