インカの黄金/Incan Gold 超おすすめゲーム紹介

blog_thumbnail-incan-gold

インカの黄金/Incan Gold(2005)

ゲームデザイナー:Bruno Faidutti, Alan R. Moon
:30分 :8歳~ :3~8人

インカの黄金-写真-箱

『インカの黄金』は遺跡に眠るお宝を求めて冒険に行き、危機迫る前にテントに帰ってくるチキンレース系のゲームです。

「まだ行ける」は命取り。でも最後まで遺跡に残っていると一人でがっぽり稼げます。

spiel_des_jahres_logo 2005年 ドイツ年間ゲーム大賞 (Spiel des Jahres) 推薦作品
戦略
(2.0)
(4.0)
駆け引き
(5.0)

ゲーム概要

ゲームは5ラウンド行います。プレイヤーは宝石をできるだけたくさん獲得することを目指します。

ゲームの準備

各プレイヤーはテントを1つ、キャンプカードとたいまつカードを1枚ずつ受け取ります。

インカの黄金-写真-テントとカード

神殿カードを順番にセットします。探検カードをよく混ぜ、山にしてテーブル中央に置きます。

インカの黄金-写真-神殿カード

カードの種類

このゲームには、3種類の探検カードがあります。

  • お宝カード
  • インカの黄金-写真-お宝カード

    宝石を獲得できるカードです。お宝カードには1~17まで宝石の数が描かれており、全部で15枚あります。

  • 障害カード
  • インカの黄金-写真-障害カード

    危険な障害カードです。

    障害カードはゾンビ、落石、へび、炎、蜘蛛の5種類がそれぞれ3枚ずつ、計15枚入っています。

  • 遺物カード
  • インカの黄金-写真-遺跡カード

    レアなお宝カードです。各ラウンドごとに1枚ずつデッキに加えていきます。

探検カードをプレイ

各ラウンド開始時に、遺物カードを1枚デッキの中に混ぜてシャッフルします。

山からカードを1枚めくって表にします。

  • お宝カード
  • お宝カードが出たら、カードの数字を冒険に残っているプレイヤー人数で割った数の宝石をそれぞれのプレイヤーの前に置きます。

    余りはカードの上に置いておきます。

    インカの黄金-写真-お宝カード

  • 障害カード
  • 各種類1枚目の障害カードは危険の予兆です。各種類2枚目の障害カードが出たら、そのラウンドは即終了となります。

    そして冒険に残っていたプレイヤーは自分の前に溜まっている宝石を全て失います

    インカの黄金-写真-障害カード脱落

  • 遺物カード
  • 遺物カードが出たらテーブル中央に置いておきます。

    以降、1人で帰ったプレイヤーが場に残っている遺物カードを獲得できます。

    インカの黄金-写真-遺跡カード獲得

    遺物カードは3枚目までは5点、4~5枚目は10点分の価値になります。

MEMO
宝石はトルコ石を1点、黒曜石を5点、黄金を10点として計算します。大人数でプレイすると途中でトルコ石が足りなくなるため、適宜両替をしてください。

手札のカードをプレイ

その後プレイヤーはたいまつカードがキャンプカードのどちらかをプレイします。

  • たいまつカード
  • まだ遺跡の中で冒険を続けます。

  • キャンプカード
  • キャンプに帰ってゲームから抜けます。自分の前にある宝石をテントの中にしまいます。

    テーブル中央に宝石が落ちていれば、そのターン帰った人とシェアをして一緒に持ち帰ります。余りは中央に残しておきます。

    場に遺物カードが落ちており、1人で帰ることに成功した場合、遺物カードを獲得できます。

MEMO
たいまつカードとキャンプカードの絵が似ていて、少し見にくいです。そのため私は別のゲームからコインを借りてきて、「せーの」で手のひらを一斉にオープン、帰る人はコインを握り、遺跡の残る人は何も握らないというルールで遊んでいます。

インカの黄金-手のひら

全員がキャンプに帰るか、同じ障害カードが2枚出るまで、探検カード→手札のカードのプレイを繰り返していきます。

障害カードが2枚出てラウンドが終了した場合は、被った障害カードを1枚ゲームから取り除きます。

ゲームの終了

ラウンドが終わったらそのラウンドの神殿カードを裏返し、遺物カードを加えてカードをよく混ぜ、新たなラウンドを始めます。

5ラウンドが終了したらゲーム終了です。最終的に最も得点の高いプレイヤーの勝利となります。

ここがポイント!

引き際が肝心な、シンプルな駆け引きを楽しめるゲームです。

さっさと帰れば安全。でも残っているプレイヤーが獲得できる宝石も増えていく…」というジレンマ。

さらに遺物カードが落ちていると、「ねぇねぇ帰る?帰るよね?」とかえるかえる詐欺合戦が始まり、駆け引きはヒートアップします。

またゲームが進むにつれ障害カードが抜かれていき、脱落する確率も低くなっていきます。

勝負を仕掛けるなら後半がおすすめですが、上手くいくかどうかはカードの運次第です。

子どもも大人も一緒になって白熱できる、傑作チキンゲームです。

きょーみ

真の勇者になりたければ、どんな障害が出ても臆せずに1人で突き進もう!←こういう人は、たいてい途中で痛い目を見ます(笑)でもごくたまに、本当に真の勇者が現れるんですよね。そこがこのゲームの盛り上がるポイントです。

おわりに

インカの黄金-写真-ゲームプレイの様子

『インカの黄金』をご紹介しました。気軽に冒険気分を味わえる傑作ゲームです。

是非ご家族と、友人とインカの黄金で遊んでみてください。

バリエーションルール

『インカの黄金』を4人以下の少人数/20人ほどの大人数楽しむためのバリエーションルールをまとめました。こちらも合わせてご覧ください。

blog_thumbnail-incangold-variants
インカの黄金/Incan Gold バリエーションルールまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です