韓国の人気ジャージャー麺4種を食べ比べ!味の特徴をまとめました

韓国の人気ジャージャー麺_食べ比べ

韓国の人気ジャージャー麺4種を食べ比べてみました。食べてみて分かったのは、同じジャージャー麺でも商品によって全然味が違うということです。

黒いソースが特徴のジャージャー麺は、韓国の代表的な中華料理の1つ。あなた好みのジャージャー麺を見つけてください。

チャパゲティ

香ばしい

辛ラーメンと同じメーカー農心が販売するチャパゲティ。韓国映画『パラサイト半地下の家族』にチャパゲティとノグリで作るチャパグリが登場し、一躍話題となりました。

チャパゲティの特徴はなんと言っても香ばしさ。程よい甘み、軽く焦がしたような香ばしい醬の味に、オリーブオイルの香りが合わさります。ガツンと旨味がくるわけではなく、食べているうちにだんだんとクセになるような味わいです。

チャパゲティの香ばしさは他のインスタント麺にはないもので、たまに無性に食べたくなります。野菜や肉を炒めて加え、旨味をプラスするのもおすすめです。

パルド ジャージャー麺

甘い

黒いパッケージのパルド ジャージャー麺。韓国の中華料理人イ・ヨンボク氏が監修した本格的なソースが特徴です。

ソースと具はパウチに入っていて、火を止めた後に麺と絡めます。4種類の中で、1番甘さを感じるソースです。

パルド チャジャンミョン

グリーンピース、キャベツ、牛肉が入った具だくさんなジャージャー麺。甘くてコクのある味で黒蜜のような風味を感じます。

ごろごろとしたお肉の食感が楽しい。しっかりと甘さを感じつつも飽きのこない、子どもも大好きな味付けです。甘くてコクのあるジャージャー麺なら、パルドジャージャー麺で決まり!

チャーワン

バランス型

チャパゲティと同じ農心が製造するチャーワン。袋の表記通りに作ると、スープが多めになりました。

チャーワン

大きめのグリーンピースに、キャベツ、玉ねぎ、ジャガイモが入っています。太めの平打ち麺は滑らかな口当たり。モチモチな食感で美味しいです。

甘み、塩味、香ばしさ、旨味のバランスが良く、日本人好みな味。味が濃くはっきりしていて、旨さのインパクトは4種類の中でNo.1です。

ジンチャジャン

香ばしい

ジンラーメンでお馴染みオットギのジンチャジャン。黄色いパッケージが目を引きます。

ジンチャジャン

キャベツ、小さめの肉、なるとが入っています。麺は太く縮れていてソースがよく絡みます。モチモチです。

味は香ばしさが先行。チャパゲティよりも甘みが少なく、すっきりとした印象を受けます。クセがなく食べやすいジャージャー麺です。

ジンラーメンのレビューはこちら

ジンラーメン_辛さレベル比較ジンラーメン(マイルド / 辛口)の辛さレベルは?辛ラーメンと比べてみた

まとめ

チャパゲティパルド ジャージャー麺チャーワンジンチャジャン
香ばしい
甘い
バランス型
香ばしい
リンク

韓国の人気ジャージャー麺4種の特徴をまとめました。お好みでオリーブオイルをかけたり、一味唐辛子で辛味をプラスするのもおすすめです。半熟の目玉焼きを上に乗せるのもいいですね!

本格的だなと感じたのはパルド ジャージャー麺です。具材が大きめで食べ応えあり!甘めで深みのあるソースにこだわりを感じます。

個人的に1番好きなのはチャーワンです。バッチリ旨味が感じられるソースが病みつきに!また食べたくなる味です。

韓国のインスタントジャージャー麺は、それぞれに個性があって全然味が違います。チャパゲティを食べて口に合わなかった方、他のジャージャー麺も試してみてください。お気に入りが見つかるかもしれませんよ!