スピードしりとりゲーム『ワードバスケット』が超面白い!

ワードバスケット-しりとりゲーム

ワードバスケット/Word Basket(2002)

ゲームデザイナー:小林 俊雄
:10分 :10歳~ :2~8人

ワードバスケット-図-箱

『ワードバスケット』は手札からひらがなのカードを次々と出していき、いち早く手札をなくすことを目指す、スピードしりとりゲームです。

連続で言葉が閃いた時の爽快感がたまらない、傑作しりとりゲームです!

戦略
(3.0)
(3.0)
想像力
(5.0)
瞬発力
(5.0)

ゲームの準備

カードをよく混ぜ、各プレイヤーに5枚ずつ配ります。

残った山札は、2つに分けてテーブルに置いておきます。

ゲームの箱を、テーブル中央に置きます。ゲームの箱を「バスケット」にして、中にカードを入れていきます。

ゲームプレイ

「ワードバスケット!」の掛け声と同時に、山札からカードを1枚バスケットに入れたらゲームスタートです。

各プレイヤーは自分の手札から、「バスケットの一番上のカードの文字」で始まって、「手札のカードの文字」で終わる3文字以上の単語を考えます。

ワードバスケット-しりとりゲーム-カードプレイ

濁音、半濁音も可です

言葉が浮かんだら、「えいが」など言葉を言いながら、手札からバスケットの中にカードを入れます。

ゲームは全プレイヤー同時進行で行います。バスケットのカードが更新されたら、今度は更新されたカードから始まる言葉を考えなければいけません。

MEMO
しりとりの基本的なルールをそのまま使います。「ん」で終わる言葉はアウトです。また「ギター」や「葉っぱ」などの長音、促音、拗音も3文字に含めます。

カードの種類

カードは文字カード、ワイルドラインカード、ワイルドナンバーカードの3種類があります。

  • 文字カード
  • 通常の文字カードです。

    ワードバスケット-しりとりゲーム-文字カード

  • ワイルドラインカード
  • 「さしすせそ」など文字の行を、好きに使うことができます。

    ワードバスケット-しりとりゲーム-ワイルドラインカード

  • ワイルドナンバーカード
  • ナンバーで指定された文字数の単語を言わなければなりません。

    ワードバスケット-しりとりゲーム-ワイルドナンバーカード

カードのリセット

プレイヤーはゲーム中、なかなか単語が出てこないときはいつでも、カードをリセットすることができます。

リセットするプレイヤーは「リセット!」と宣言して、手札のカードを全てバスケットに入れて、捨てたカード+1枚のカードを山から引き直します

ワードバスケット-しりとりゲーム-リセット

この時、ワイルドナンバーカード以外のカードであれば、どのカードを1番上にしても構いません。

お手つきをした場合

お手つきをして、他のプレイヤーにお手つきを指摘された場合、出したカードを手札に戻した後に山からカードを1枚引かなければなりません。

指摘されないままに他のカードがバスケットに入ったら、そのままゲームを続行します。

リーチ宣言

手札のカードが残り1枚になったプレイヤーは「リーチ!」と宣言します。

リーチを忘れたことを他のプレイヤーに指摘された場合、ペナルティとして山からカードを1枚引きます。

ゲームの終了

最後の1枚は4文字以上の言葉で上がらなければいけません。

ワードバスケット-しりとりゲーム-上がり

見事、一番早く手札をなくして上がったプレイヤーの勝利となります。

ここがポイント!

頭をフル回転させながらワイワイ盛り上がれる、テンポ感が大事なしりとりゲームです

場のカードが目まぐるしく変わっていくため、流れに取り残されないようしっかり集中していないと勝てません。

うまくつながる時は一気に2~3枚言葉がつながることもあれば、なかなか言葉が出ないこともあります。

カードが出せない場合は、積極的にリセットも取り入れながら手札を減らしていきましょう。

リセットをすると場のカードも切り替わるため、必死で考えている相手を混乱させることができます。

きょーみ

「ぬ」や「る」など組み合わせにくいカードがきた時は、あれこれ考える前に即リセットです!スピード勝負であるため、得手不得手が分かれるゲームでもあります。小学校低学年のお子さんと遊ぶ際は、「2文字以上、最後だけ3文字以上の言葉」とするといいです。

ここがポイント!

スピードしりとりゲーム『ワードバスケット』をご紹介しました。

「普通のしりとりはもう散々遊び尽くしたよ!」という方も、十分楽しめるしりとりゲームです。

是非ご家族と友人と、『ワードバスケット』で遊んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です