キャプテン・リノ/Rhino Hero 超おすすめゲーム紹介

blog_thumbnail-rhino-hero

キャプテン・リノ/Rhino Hero(2011)

ゲームデザイナー:Scott Frisco, Steven Strumpf
:10分 :5歳~ :2~5人

キャプテンリノ-写真-箱

『キャプテン・リノ』はリノのコマを動かしながら建物カードを上へ上へと積んでいくバランスゲームです。

ウノとジェンガを足して2で割ったような、新感覚のバランスゲームとなっています。

kinderspiel_des_jahres 2012年 ドイツ年間キッズゲーム大賞 (Kinderspiel des Jahres) 推薦作品
戦略
(2.0)
(3.0)
バランスゲーム
(5.0)

ゲーム概要

縦に立てて置く壁カードと、横に置く屋根カードの2週類のカードがあります。

ゲームの準備

土台のカードをテーブルの中央に置きます。屋根カードをよく混ぜて各プレイヤーに5枚ずつ配ります。

キャプテンリノ-写真-準備

ゲームプレイ

最初のプレイヤーは土台カードの上に壁カードを立てて置いた後、手札から屋根カードを1枚出して壁カードの上に乗せます。

キャプテンリノ-写真-ゲームプレイ

MEMO
土台カードは表裏があり、裏面にすると土台が1枚となって難しくなります。

次のプレイヤーからはまず壁カードを立ててから、手札からカードを1枚ずつプレイしていきます。

カードには効果があるものもあり、左上のアイコンが効果を示しています。

  • リバース
  • キャプテンリノ-アイコン-リバース

    順番が逆回りになります。

  • スキップ
  • キャプテンリノ-アイコン-スキップ

    次のプレイヤーは1回休みになります。

  • ドロー1
  • キャプテンリノ-アイコン-ドロー

    次のプレイヤーは、カードを置く前に山からカードを1枚引きます。

  • 2枚出し
  • キャプテンリノ-アイコン-2枚だし

    2枚出しのカード以外のカードを手札から続けてもう一枚プレイします。

    このカードを出した時に手札がない場合は、次のプレイヤーからカードを1枚受け取ってプレイします。

  • キャプテン・リノ
  • キャプテンリノ-アイコン-リノ

    次のプレイヤーはカードを置く前に、キャプテン・リノをリノマークがある場所まで動かします。
    キャプテンリノ-写真-リノを移動させる

順番にカードを1枚出して、カードを上に積み上げて行きます。

ゲーム終了

次のいずれかの状況になったら、ゲーム終了です。

  1. 誰かの手札のカードがなくなった時
  2. 手札のカードをいち早くなくしたプレイヤーの勝利です。

  3. カードが崩れてしまった時
  4. カードを崩した人の負けです。その時点で手札が最も少ないプレイヤーの勝利となります。

  5. 全ての壁カードがなくなった時
  6. 全ての壁カードが使われたら、全員がスーパーヒーローです。

ここがポイント!

支えとなる屋根カードが分厚く丈夫なため、なかなか崩れずに意外と高く積み上がります。

屋根カードによっていろんな置き方で壁カードを置かなければならず、次第にバランスが悪くなっていきます。

そして、リノを取って入れる作業がなかなかの緊張もの。キャプテン・リノのカードがゲームをさらに盛り上げます。

みんなでわいわい盛り上がれる、バランスゲームの大傑作です。

きょーみ

カードが風に飛ばされてしまうので、外でのプレイには不向きです。個人戦を遊び尽くしたら、全員で何階まで積み上げらるかを目指す協力ゲームにしても楽しめます。

おわりに

キャプテンリノ-写真-高く積み上げる

『キャプテン・リノ』をご紹介しました。最近はより複雑になったリノ・スーパーバトルも発売になりました。

是非ご家族と、友だちとキャプテン・リノで盛り上がってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です