ぴっぐテン/Pig 10 超おすすめゲーム紹介

blog_thumbnail_pig10

ぴっぐテン/Pig 10(2010)

ゲームデザイナー:Ayelet Pnueli
:15分 :6歳~ :2~8人

ぴっぐテン-写真-箱

『ぴっぐテン』は数字のカードを足して、ぴったり10になるように上手くカードを出していくカードゲームです。

サクサク進む素早いテンポと「ぴっぐテン!」の掛け声が癖になります。

戦略
(2.5)
(4.0)
計算力
(5.0)

ゲーム概要

カードには1~10までに数字が書かれています。カードをよく混ぜ、各プレイヤーに3枚ずつ配ります。

最初のプレイヤーは3枚のカードの中から1枚を選んで、数字を言いながら場に出します。

ぴっぐテン-写真-カードの出し方

カードを出したら、山から1枚カードを引きます。手札のカードは常に3枚です。

注意
慣れないうちはカードの補充を忘れがちなので、気をつけてください。

時計回りでゲームは進行します。次のプレイヤーからは場の合計値を言いながら、カードを出していきます。

カードの合計がぴったり10になったら、「ぴっぐテン!」と言って場のカードを全て得点として受け取ります。

ぴっぐテン-写真-ぴっぐテン

場のカードの合計値が11以上になってしまったらバーストです。前の手番のプレイヤーが場にあるカードを全て獲得します。

ぴっぐテン-写真-バースト

「0」と「5」は特殊なカードとして以下のように処理します。

  • 0
  • ぴっぐテン-カード-0

    場の合計値が「0」にリセットされます。

  • 5
  • ぴっぐテン-カード-5

    場の合計値が5以下なら「+5」として、場の合計値が6以上なら「-5」として扱います。

また以下の場合は、バーストさせずに特殊なケースとして扱います。

  • 直前のカードと同じ数字のカードを出した時
  • その数字で場の数をキープできます。

    ぴっぐテン-写真-キープ例1

  • 直前までに足されている数字の合計値と同じ数字のカードを出した時
  • 合計値と同じ数字でキープできます。

    ぴっぐテン-写真-キープ例2

キープするかどうか選択できる場合は、カードを出したプレイヤーが好きな方を選べます。

MEMO
上記の特殊ルールは小さいお子さんにはちょっと複雑なので、最初は抜いて遊んでみてもいいでしょう。

山札がなくなったら手札のカードのみで戦います。

カードを全て出し切ったら、獲得したカードを数えて最も多くカードを取ったプレイヤーの勝ちとなります。

ここがポイント!

ぴったり10を作るゲームなので、足し算を覚え始めた小学校低学年のお子さんにぴったりのゲームです。

コブタの絵は童話をモチーフにしており、10になる組み合わせのカードはペアになるように上手くできています。

2と8、1と9など、遊びながら自然にどの数字を組み合わせれば10が作れるのかが学べます

8や9といった大きい数字を攻められると、出せるカードが少ないのでバーストしやすいです。次の相手が持っていなさそうな手札を予想してカードを出していきましょう。

逆に1、5、0といったカードはバーストしない絶対に安全なカードなので、勝つためには無駄に使わないように温存しておくことが大事です

きょーみ

「6!」「9!」「0!」「9!」とカードがたくさん溜まってきた後のぴっぐテンは最高に気持ちいいです。それが快感でつい何度も遊びたくなります。

おわりに

ぴっぐテン-写真-ゲームプレイの様子

大人同士で軽く遊ぶもよし、子どもたちで算数の勉強がてら遊ぶもよし。誰でも遊べる万能知育ゲームです。

小学校の入学祝いにも最適です。ご家族と、友人と、是非ぴっぐテンで遊んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です