ウミガメの島/Mahe 超おすすめゲーム紹介

blog_thumbnail-mahe-ウミガメの島

ウミガメの島/Mahe(1974)

ゲームデザイナー:Alex Randolph
:30分 :7歳~ :2~7人

ウミガメの島-写真-箱

『ウミガメの島』はウミガメとなって島をぐるぐる回りながら、たくさんの卵を産むことを目指すすごろく系ゲームです。

元々は『冷たい料理の熱い戦い』というゲームで、2014年に『ウミガメの島』としてリメイクされました。

spiel_des_jahres_logo 1990年 ドイツ年間ゲーム大賞 (Spiel des Jahres) 推薦作品
戦略
(2.5)
(4.0)
駆け引き
(5.0)

ゲーム概要

プレイヤーは最大3つのサイコロを使いながらカメを進め、たまごカードの得点を獲得していきます。

ゲームの準備

各プレイヤーは自分のカメを1色選び、いかだの上の乗せます。

ウミガメの島-写真-スタート

1~6までの数字が書かれたたまごカードをよく混ぜ、4枚を裏向きのままゲームから取り除きます。

残ったカードをカード置き場にセットして、一番上のカードを表にします。

ウミガメの島-写真-セットアップ

サイコロを降る

ゲームは時計回りに進行します。スタートプレイヤーはまず、サイコロを1つ振ります。

その後、望むなら2つ目、3つ目のサイコロを1つずつ続けて振ることができます。

カメが進める数は使ったサイコロの数×サイコロの出目の合計値です。

ウミガメの島-写真-サイコロを振る

ただし、出目の合計値が8を超えてしまった場合はバーストとなり、いかだに戻されてしまいます。

ウミガメの島-写真-バースト

21のマスにぴったり止まるか通過をした時、表になっているたまごカードを1枚受け取り、新たに1枚たまごカードをめくります。

ウミガメの島-写真-カード獲得

カメが重なる

他のカメのマスにぴったり止まった場合、自分のカメを一番上に置きます。

下にいるカメの手番では、一番上にいるカメがサイコロを下のプレイヤーに振らせるかどうかを決めることができます。

ウミガメの島-写真-カメに乗っかる

下にいるカメが移動するときは、上にいるカメを一緒に連れていきます。

また、21のマスの通過した時にたまごカードがもらえるのは、一番上にいるカメだけです。

ウミガメの島-写真-運び損

ゲームの終了

たまごカードがなくなったら、ゲーム終了の合図です。

カードがなくなった後に21のマスに止まるか、通過したプレイヤーは7点を獲得してゲームを終了します。

手持ちのたまごカードの点数を数え、一番得点の高かったプレイヤーの勝利です。

ここがポイント!

バーストするリスクを背負ってサイコロを振るか、堅実に進んでおくか、駆け引きが熱いサイコロゲームです。

たまごカードの得点も1~6と幅があるため、大きい数字を狙ってカメをうまくコントロールしましょう。

うまくカメの上を乗り継いで行けば、自らはサイコロを振らずにたまごカードをゲットすることも不可能ではありません。

また3つのサイコロを使って合計値7を作ると、3×7=21で一気にぐるっと一周してたまごカードを獲得することができます。

子どももできるシンプルなルールでありながら、サイコロ出目に盛り上がれる傑作ゲームです。

きょーみ

一番上に乗ったカメが指示できる優越感、下のカメの運び損、まさかのバースト…いろんなドラマが生まれるゲームです。

おわりに

ウミガメの島-写真-ゲームプレイの様子

『ウミガメの島』をご紹介しました。ボードは裏表で昼と夜の面になっており、お好みで選べます。

是非ご家族と、友人とウミガメの島で遊んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です