ごきぶりポーカーを買うなら追加カードが入った『ごきぶりポーカーロイヤル』がおすすめ!

ごきぶりポーカーロイヤル-サムネイル

ごきぶりポーカーロイヤル/Kakerlakenpoker Royal(2012)

ごきぶりポーカーロイヤル-写真-箱

『ごきぶりポーカーロイヤル』はゴキブリやハエなどの嫌な生物を相手に押し付けるカードゲームです。

元となった『ごきぶりポーカー』に追加要素を加えたゲームでもあり、ごきぶりポーカーを買おうか迷っている方には、追加カードが入った『ごきぶりポーカーロイヤル』の購入をおすすめします!

ごきぶりポーカーとの違いも含め、『ごきぶりポーカーロイヤル』のポイントをご紹介します。

ゲームデザイナー:Jacques Zeimet
:20分 :8歳~ :2~6人

戦略
(3.0)
(2.0)
ブラフ
(5.0)

ゲーム概要

各プレイヤーは手札から生物カードを出して、「これはカエルです」など生物の名前を言いながら相手に押し付けます。

この時、時には嘘を交えながらカードを渡します。

相手に生物が見破られてしまうと、自分がカードを受け取る羽目になります。

同じ生物のカードを4枚集めるか、手札のカードが全てなくなってしまったプレイヤーの負けとなります。

ゲームの準備

生物カードは7種類あり、各生物ごとに1枚王冠を被ったキングが紛れています。

カードをよく混ぜ、7枚を伏せてテーブル中央に裏向きにして置き、一番上のカードだけを表にしておきます。

残ったカードを各プレイヤーに1枚ずつ全て配り、余りが出た場合は中央のカードの下に加えます。

ゲームプレイ

スタートプレイヤーは、手札からカードを1枚選び裏向きのまま、好きなプレイヤーを1人選んで、生物の名前を言いながらカードを渡します。

生物の名前の伝え方は以下の3通りがあります。

  1. 本当のことを言う
  2. 渡したカードの生物の名前を伝えます。

    ごきぶりポーカーロイヤル-写真-本当のことを言う

    例:ごきぶりを渡しながら「これはごきぶりです」と言う

  3. 嘘をつく
  4. 渡したカードとは違う生物の名前を伝えます。好きな生物の名前を言って構いません。

    ごきぶりポーカーロイヤル-写真-嘘をつく

    例:ごきぶりを渡しながら「これはコウモリです」と言う

  5. キングと言う
  6. 生物の名前ではなく、「キング」と伝えます。

    ごきぶりポーカーロイヤル-写真-キング

    例:ごきぶりを渡しながら「これはキングです」と言う

カードを受け取った相手は、以下の2つのうち1つの行動をとります。

  1. カードの真偽を宣言する
  2. 渡されたカードに対して、宣言が本当であるか、嘘であるかを予想してカードの真偽を宣言します。

    答え方は「これは〜です」と肯定するか「これは〜ではありません」と否定するかの2種類です。

    真偽を宣言しながら、カードをオープンします。

    宣言が合っていれば、カードを最後に渡したプレイヤーがカードを受け取ります。

    間違っていれば、自分がカードを受け取らなければなりません。

    ごきぶりポーカーロイヤル-写真-宣言

    例:「これはごきぶりです」と言われてカードを渡されました。

    カードがごきぶりだと思ったので、「これはごきぶりです!」と言ってカードをオープンします。

    本当にごきぶりだったので、相手にカードを渡します。

  3. カードを見て、他の相手に回す
  4. 渡されたカードを何も言わずにそっと確認します。

    カードを確認したら、まだカードを受け取っていない他のプレイヤーを1人選んで、再び生物の名前を伝えます。

    この時、宣言の内容を変えても構いません。

    カードを渡せるプレイヤーがもう残っていないときは、この行動は選択できません。

カードを受け取ったプレイヤーが、次のカードを手札から出してゲームを続けます。

キングのカード

キングのカードは「キング」の宣言も「本当」となります。

キングのカードを受け取ったら、テーブル中央の一番上のカードを1枚追加で受け取らなければなりません。

ごきぶりポーカーロイヤル-写真-キング

中央からカードを取ったら、新たにカードを1枚表にします。

特殊カード

『ごきぶりポーカーロイヤル』には生物カードの他に、2枚の特殊カードが入っています。

  • キング以外全てが本当に
  • キングを除いて、全ての生物の宣言が「本当」になります。

  • 全てが嘘に
  • 全ての生物の宣言が「嘘」になります。

特殊カードを受け取ったら、最後に宣言された生物カードを1枚手札から出して自分のペナルティゾーンに加えます。

特殊カードは手札に加えます。

該当する生物カードがない、もしくは出したくない場合は手札から好きな生物カードを2枚表にして出します。

ゲームの終了

誰かが同じ種類の生物を4種類集めるか、手札のカードがなくなったらゲーム終了です。

そのプレイヤーの負けとなります。

ここがポイント

相手の嘘を見破れなかったプレイヤーが負ける、シンプルなブラフゲームです。

同じ生物のカードが溜まってくると、他のプレイヤーから狙われやすくなり、どんどん不利な状況に追い込まれていきます。

このゲームのポイントは、いかに相手にカードの内容を確認させるかというところにあります。

その場で宣言されなければ、そのカードが自分に返ってくることはないからです。

『ごきぶりポーカー』との違いをまとめると、以下の3点が変更されています。

  • 生物の種類が8→7種類に
  • キングカードの追加
  • 特殊カードの追加

キングカードの追加によって、中央に表になっているカードの受け取りを視野に入れなければならなくなり、より戦略性がアップしました。

特殊カードは少し処理が複雑なため、ゲームに慣れてきた頃合いを見て追加するのがおすすめです。

また通常の『ごきぶりポーカー』に近いルールで遊びたい場合は、キングと特殊カードのルールを抜けばシンプルなルールで遊べます。

きょーみ

お好みに合わせてルールを調整できる点からも『ごきぶりポーカーロイヤル』がおすすめです。カードは同じ生物でも、1枚1枚違う絵柄になっており、憎らしくも可愛らしい味があります。キングのカードの生物が偉そうにしているのも好きですね。

おわりに

ごきぶりポーカーロイヤル-ゲームプレイ

『ごきぶりポーカーロイヤル』をご紹介しました。

このゲームは4人以上で遊ぶのがおすすめです。

パーティでも大活躍します。是非『ごきぶりポーカーロイヤル』で、遊んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です