ドクターエウレカ/Dr.Eureka 超おすすめゲーム紹介

ドクターエウレカ-サムネイル

ドクターエウレカ/Dr.Eureka(2015)

ゲームデザイナー:Roberto Fraga
:15分 :8歳~ :1~4人

ドクターエウレカ-写真_箱

『ドクターエウレカ』はシリンダーに入った3色の球を移動させて、お題通りに球を組み替えるスピードタイプのゲームです。

球を動かす順番を、瞬時に判断できるかどうかがポイント!子どもも大人も熱中できる傑作アクションゲームです。

戦略
(2.0)
(2.0)
判断力
(5.0)
バランス
(5.0)

ゲームの準備

各プレイヤーは3本のシリンダーとの球を2個ずつ取ります。

ドクターエウレカ-写真-セットアップ

カードをよく混ぜ、裏向きで山にしてテーブル中央に置いておきます。

ゲームプレイ

「よーいドン!」の合図でカードを1枚めくり、カードに描かれた絵の通りに球を入れ替えます。

ドクターエウレカ-写真-カード

球はシリンダーを持って傾け、容器から容器へ移し変えるように移動させます。

球を動かす時に、球に直接触ってしまったり、地面に落としてしまったら、そのプレイヤーはそのターン脱落となります

球を逆さに揃えて、シリンダーをひっくり返して完成させても構いません。

完成したら「エウレカ!」と叫びます。いちばん早く完成させた人がカードを受け取ります。

ドクターエウレカ-写真-完成

ゲームを続け、いち早く5枚のカードを集めた人の勝利です。

ここがポイント!

遊びながら論理的思考力が身につく、傑作アクションゲームです。

完成させるためには、3本のシリンダーを上手く使って球を移し変えなければいけません。

例えば、Aのシリンダーにある球を一旦Cに預けて、あとでBに移し変えるといった作業工程が必要です。

どの順番で球を動かせば早く正解にたどり着けるかを、遊びながら自然に考えることができます。

逆さに揃えても良いというルールもゲームにいいアクセントを加えており、逆さのパターンも組み合わせて完成させると気持ちいいです。

球は色鮮やかで視認性が高いです。シリンダーは丈夫にできており、1つ持っておけば家族や友達と末長く遊べます。

きょーみ

これはとてもいいおもちゃです!対象年齢は8歳からですが、5歳児でも「手を使って良い」というルールを取り入れれば一緒に遊べます。大人は「全て逆さで揃える」というルールで遊ぶとさらに頭を使って楽しめます。シンプルなアイデアが光る、楽しくて美しいゲームです。

おわりに

ドクターエウレカ-写真-ゲームプレイの様子

アクションゲーム『ドクターエウレカ』をご紹介しました。

家族みんなで楽しめる超おすすめゲームです。

是非『ドクターエウレカ』で遊んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です