ボーナンザ/Bohnanza 超おすすめゲーム紹介

blog_thumbnail_bohnanza

ボーナンザ/Bohnanza(1997)

ゲームデザイナー:Uwe Rosenberg
:45分 :12歳~ :3~5人

ボーナンザ-写真-箱

『ボーナンザ』は同じ種類の豆カードを自分の畑の植えていき、豆が育ったら収穫して換金し、得点を稼いでいくゲームです。

上手く相手と交渉しながら畑をフル稼働させて、たくさんの豆を収穫しましょう。

spiel_des_jahres_logo 1997年 ドイツ年間ゲーム大賞 (Spiel des Jahres) 推薦作品
戦略
(3.5)
(3.5)
交渉力
(5.0)

ゲーム概要

豆カードは8種類あり、6,8,10,…20というように、2刻みで数字が書かれています。それぞれのカードはその数字の分だけカードが存在します。

またカードの下には同じ種類のカードを何枚集めると、いくらに換金できるかが示されています。

ボーナンザ_カード

枚数の多いカードほど、換金するためにはたくさんの豆カードを集める必要があります。

カードをよく混ぜて、各プレイヤーに5枚ずつ配ります。

ボーナンザ-写真-手札

注意
このゲームではカードの順番を入れ替えてはいけません。カードを補充するときは1枚ずつ手札の後ろにカードを補充します。

手番にできること

自分の手番になったら、手札の手前のカードから順番に1枚ないしは2枚を自分の畑に植えます

ゲームの開始時に植えられる豆カードは1人2種類までです。

ボーナンザ-写真-豆カード

その後山からカードを2枚、全員に見えるようにめくります。

これらのカードは自分で植えるか、いらなければ他の人にあげても構いません。

カードを渡す際には、手札のカードも交渉材料に加えて他人と交渉を行うことができます。交渉は手番プレイヤーが関与する交渉のみ可能です。

ボーナンザ-写真-交渉

注意
  • 手札のカードを交渉で使う際、交渉の途中でカードを抜かないように注意してください。交渉が成立したら、手札からカードを抜いて渡します。
  • 受け取った豆カードは必ずその場で植えなくてはなりません

もし畑がいっぱいで豆カードを植えられない場合は、豆カードを処分するかその場で売らなくてはなりません。

豆カードの枚数に応じて、お金がもらえます。獲得したお金の数だけカードを裏返してもらい、残りのカードは捨て札にします。

ボーナンザ-写真-売却

注意
  • 豆カードを売却するときは、その畑の豆を全部まとめて売らなければいけません。
  • 1枚の豆カードしかない畑の豆を売ることはできません。

山のカードの処理が終わったら、山から3枚のカードを引いて自分の手札の後ろに加えます

いつでもできること

他のプレイヤーの手番中にも、自分の畑の豆を売ることができます。

またプレイヤーはいつでも、3金を払うことで3番目の畑を購入することができます

ボーナンザ-写真-3つ目の畑

ゲームの終了

時計回りで手番を交代しながらゲームを続けます。山のカードがなくなったら捨て札をよく混ぜて新たな山を作ります。

3回目の山札が全てなくなったら、直ちにゲームを終了します

自分の畑の残っている換金できる畑を全て売った後、最終的に最も多くお金を稼いだプレイヤーの勝利となります。

ここがポイント!

カードの順番を入れ替えられないという特殊ルールがよく効いた、交渉の基礎が学べるゲームです

効率よく豆を収穫するためには、できるだけ同じ種類の豆を多く集めて、豆をなるべく破棄しないように手札のカードを管理する必要があります

次に植えないといけないカードは見えているので、いらない豆を欲しい人にあげながら、お互いにwin-winとなるような交渉をしていきましょう。

ゲーム中のコミュニケーションも楽しい、傑作豆ゲームです。

きょーみ

カードゲームながらプレイ時間45分と、しっかり交渉体験のできるゲームです。軽いゲームに慣れてきた方におすすめです。

おわりに

ボーナンザ-写真-ゲームプレイの様子

対象年齢12歳〜とありますが、プレイ自体はとてもシンプルなので、ルールをしっかり説明すれば6歳〜でも楽しめます。

厚切りジェイソンさんのブログでは、家族でボーナンザを楽しむ様子が紹介されています。

参考 カードゲーム・Card GameThe life and Times of 厚切りジェイソン

またご自身の著書の中にも、ボーナンザが登場しています。

ぜひボーナンザで、不思議な交渉体験を楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です