ヒットマンガ 超おすすめゲーム紹介

blog_thumbnail_hitmanga

ヒットマンガ/Manga Party(2011)

ゲームデザイナー:よしだまさのり
:20分 :6歳~ :3~10人

ヒットマンガ_写真-箱

『ヒットマンガ』は漫画家になりきってキャラクターにセリフを付け、他の人にカードを当ててもらって遊ぶ新感覚のかるたゲームです。

あなたの描いたマンガは無事に読者の心に響くでしょうか。それとも惜しまれながらも打ち切りとなってしまうのでしょうか。

戦略
(1.0)
(3.0)
想像力
(5.0)
推理力
(5.0)

ゲーム概要

読み札と取り札に全く同じ絵が描かれています。かるたのように、取り札をテーブルに広げます。

ヒットマンガ_写真-取り札

MEMO
少ない人数で遊ぶ時はカードが多いので、適宜数を調整して遊ぶといいです。また「全員が3回ずつ親をやったら終了」など、適当にゲーム終了のタイミングを決めておきます。

親を決め、読み札をよく混ぜておきます。親は山からカードを1枚引き、空欄に当てはまるように感情を込めてカードにセリフを付けます。

ヒットマンガ_写真-セリフ

その他のプレイヤーはセリフを聞いて、これだと思うカードを取ります。親は子がカードを取る度に正解/不正解を教えます。子がカードを選べるチャンスは1回のみです。

正解すると親と当てた人に1点ずつ入ります。子はとったカードを、親は読み札のカードを1枚得点として受け取ります。

もし親が誰にも当ててもらえなかった場合は、親は「-1」点の連載打ち切りカードを1枚受け取ります。

ヒットマンガ_写真-連載打ち切りカード

連載打ち切りカードが4枚出るか、あらかじめ決めておいたタイミングがきたらゲーム終了です。一番得点の高い人の勝利となります。

ここがポイント!

どんなセリフを言うかは自由なので、読み手の表現力と聞き手の洞察力が問われるゲームです。

よく絵を見ると、別の作品のオマージュと思われる画風のカードもあります。原作マンガっぽくセリフを言うのも楽しいです。

基本的には人物にセリフを付けていくのですが、時々宇宙人やモンスターなどの人外のキャラクターも出てきます。特にこちらの宇宙人のカードは盛り上がるので、ゲームに加えるといいですよ

ヒットマンガ_写真-宇宙人

ゲームに慣れてきたら、青いテコ入れカードを入れて、ジェスチャーのみ、擬音語や擬態語のみで伝えるなどの縛りを付けて遊べます。

ヒットマンガ_写真-追加カード

きょーみ

キャラクターも個性豊かでそれぞれいい表情をしています。「そのセリフ絶対言ってるわー」「えぇ〜、それなの?」とみんなで盛り上がります。

YouTubeでは「Fischer’s-フィッシャーズ-」のチャンネルで、ヒットマンガを遊ぶ様子が公開されています。



おわりに

かるたと漫画という、日本人には馴染みのある2つのカルチャーを足して2で割ったようなゲームです。

大喜利のようにして楽しむもよし、ローカルルールを入れるもよし、その場に合わせたルールで楽しめる点もおすすめです。

ヒットマンガであなたの想像力を存分に発揮してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です