ジャングルスピード/Jungle Speed 超おすすめゲーム紹介

blog_thumbnail_jungle-speed

ジャングルスピード/Jungle Speed(1997)

ゲームデザイナー:Thomas Vuarchex, Pierrick Yakovenko
:15分 :7歳~ :2~8人

ジャングルスピード-写真-セット

『ジャングルスピード』はシンボルマークが描かれたカードを順番にめくっていき、マッチングしたら中央のトーテムを掴むアクション系ゲームです。

よく似た模様に要注意!正しく素早くトーテムを掴みましょう。

戦略
(1.0)
(3.0)
観察力
(5.0)
反射神経
(5.0)

ゲーム概要

カードをよく混ぜて、各プレイヤーに全てのカードを裏向きで配ります。配られたカードの山を自分の前に置きます。

トーテムをテーブルの中央に置きます。

ジャングルスピード-写真-準備

ゲームプレイ

最初のプレイヤーから時計回りに、自分のカードの山からカードを1枚ずつめくっていきます。めくったカードは重ねて置いていきます。

自分の前に表になっているカードと同じ形のシンボルマークが出たら、マッチングしたプレイヤーは中央のトーテムを素早く掴みます

ジャングルスピード-写真-マッチング

MEMO
ほぼ同時にキャッチ時は、よりトーテムの下部分を掴んでいる方の勝ちになります。

トーテムキャッチに成功したプレイヤーは、自分の前に溜まっている表になったカードを全て、もう1人のプレイヤーに渡します

渡されたカードはそのまま裏向きにして、自分の山の下に加えます。

ジャングルスピード-写真-カードの引き取り

自分には関係ないのにトーテムに触る、トーテムをふっ飛ばす、倒すなどしてしまったらお手つきです。

もしお手つきをしてしまったら、場に表になっている全員のカードを引き取らなければいけません

ジャングルスピード-写真-お手つき

誰かがカードを引き取ったら、カードを引き取った人からゲームを再開します。

特殊カード

カードの中には3種類の特殊カードがあり、それぞれカードの指示に従います。

  • 内向き矢印
  • ジャングルスピード-特殊カード-1

    内向き矢印のカードが出たら、全員トーテムを掴みにいきます。成功したプレイヤーは自分の前に溜まっている表になったカードを全て、トーテムの下に置きます

    次に誰かがカードを引き取る際は、トーテムの下に溜まったカードも一緒に引き取らなければいけません

  • 外向き矢印
  • ジャングルスピード-特殊カード-2

    外向き矢印のカードが出たら、全員が「せーの」の合図でカードを一斉のオープンします

  • 色付き内向き矢印
  • ジャングルスピード-特殊カード3

    色付き内向き矢印カードが出たら、シンボルの形ではなく色が同じプレイヤー同士がトーテムを掴むというルールに一時的に変更されます。

    効果はこのカードが出た瞬間から、誰かがトーテムをキャッチするか、他の特殊カードが出るまで続きます。

MEMO
色付き内向き矢印カードが表になっている時のみ、色のマッチングを行うというルールを追加するとより難しくなります。わたしはいつもこのルールで遊んでいます。

ゲームの終了

めくるカードがなくなった後に自分の番がきたら、パスをしてゲームを続けます。

自分のカードをいち早くなくした人の勝利です。

ここがポイント!

トーテムを掴みにいくアクションが醍醐味の、みんなで盛り上がれる傑作ゲームです。

シンボルマークは紛らわしい形がたくさん入っていて、集中して見ていないとすぐにお手つきをしてしまいます。

カードはめくるごとにどんどん更新され、状況は目まぐるしく変化します。さすが、タイトルに「スピード」と付くだけあります。

3種類の特殊カードもゲームに程よい緊張感を与えてくれます。外向き矢印で一斉オープンした時に色付き内向き矢印が出て、てんやわんやすることもしばしば。

「約3000年前のジャングルのとある部族が、族長を決めるための儀式を行う」というゲームの裏設定も気に入っています。あなたはこの野心的なスピードについてこられますか?

きょーみ

カードが溜まってくると緊張感が高まっていきます。心臓が弱い方はご注意を!YouTubeにはトーテムを別の部屋に置いて、マッチしたら別の部屋にトーテムを取りに行く、ビーチフラッグス風に遊ぶ動画が上がっています。すごく楽しそうです!


おわりに

ジャングルスピード-写真-ゲームプレイの様子

鉄板で盛り上がるゲームです。巾着袋も付属で付いており、持ち運びも便利です。

是非ご家族と、友人と、ジャングルスピードで遊んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です