インフェルノ/Inferno 超おすすめゲーム紹介

blog_thumbnail_inferno

インフェルノ/Inferno(2005)

ゲームデザイナー:Reiner Knizia
:20分 :8歳~ :3~7人

インフェルノ-写真-箱

『インフェルノ』は手札から色か数字の同じカードを出していきながら、マイナス点を受け取らないようにするカードゲームです。

悪魔の拷問に耐えられず、地獄の業火に焼かれてしまうのは誰でしょうか?

戦略
(3.5)
(3.0)
駆け引き
(5.0)

ゲーム概要

1~5までの数字のカードが4枚ずつ×5色、計100枚のカードを使います。

カードをよく混ぜ各プレイヤーに12枚ずつ配り、残りのカードは山にしてテーブルの中央に置きます。適当な方法でスタートプレイヤーを決めます。

スタートプレイヤーは手札からカードを表向きに1枚出します。次のプレイヤーからは最初の人が出したカードを基準に、以下の2つの内どちらかの行動を取ります。

  1. 同じ「色」か「数字」のカードを出す
  2. スタートプレイヤーが出したカードと同じ色か数字のカードを1枚出します。

    インフェルノ-写真-カードの出し方

  3. 溜まったカードを引き取る
  4. カードが出せない、もしくは出したくない場合は中央に溜まったカードを全て引き取ります。引き取るカードが3枚に満たない場合は、3枚になるように山から足します。

カードは1枚-1点として計算します。ただし、赤いカードは全てそのカードの数字分マイナス点を喰らいます

インフェルノ-写真-カード1

カードを引き取ったプレイヤーが新たなカードを出して、ゲームを続けます。誰かが手札から最後のカードを出した後、カードが引き取られたら1ラウンド終了です。

最後のカードを出した人まで手番が回ってきた場合は、その人がカードを引き取ります。

ラウンドが終わったら自分の失点を記録して、カードを配り直します。ゲームに参加している人数分のラウンドが終了した時に、最もマイナス点の少ない人の勝利です。

ここがポイント!

勝負所を見極めながら、赤い鬼が描かれたカードをなるべく引き取らないようにすることがポイントです。

カードが溜まってくるとなかなか途中で引き取りづらくなるので、比較的早い段階で手札のカードと相談して、勝負をするか、降りるかを決めた方が無難です。

無用な勝負は避けるべき。かと言って、逃げてばかりでは地味にマイナス点が溜まっていきますし、山から赤いカードを引いて思わぬ大ダメージを食らうこともあります。

攻めと守りのバランス感覚と、相手の表情から状況を読み取る観察力が大切なゲームです。

きょーみ

カードを出し尽くし「あ〜もうだめだ…」と思って待っていると、前の人がギリギリで引き取ってくれて胸を撫で下ろすことも。刺激が強めの絵柄もゲームに華を添えます。

おわりに

インフェルノ-写真-カード2

みんなで盛り上がれる、緩急のついたバースト系ゲームです。

2016年からは小箱になり、より持ち運びやすくなりました。インフェルノでスリル溢れるひと時をお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です