ブロックスどれがおすすめ?7種類のブロックスを比較

ブロックス_比較

世界中で大人気のブロックス!様々なシリーズが発売されています。

今回は定番のブロックスから2人用ブロックスなど、7種類のブロックスを比較しながらおすすめを紹介します!

ブロックス


20-30分

2-4人

7歳〜
難易度
 (3)

定番のブロックスです。ボードの隅から自分の色のタイルを配置し、なるべくたくさんのタイルをボード上に敷き詰めていくゲーム。タイルは自分のタイルの角と角が接するように置きます。

2~4人で遊べますが、1人1色ずつ担当して4人で遊ぶのがおすすめです。

ブロックス シャッフル


30分

2-4人

7歳〜
難易度
 (2.5)

ブロックスとUNOがコラボ!8種類のカードをプレイしながら、ボードにピースを置いていきます。

カードが加わったことで、運要素がアップしました。辺と辺をつなげられたり、ボードのピースを手元に戻したり。カード1枚でガラッと戦況が変わります。

派手な効果で変化のあるブロックスを楽しみたい方に。

ブロックス トライゴン


20-30分

2-4人

7歳〜
難易度
 (4)

タイルが三角形になり、難易度がアップしたブロックスです。角からではなく中央に近いエリアからタイルがスタートするため、序盤から激しい陣取り合戦が始まります。

少し難しいブロックスに挑戦したい方は、ブロックストライゴンがおすすめです。

ブロックス デラックス


20-30分

2-4人

7歳〜
難易度
 (3)

ボードとピースがひとまわり大きくなったブロックス。ルールは通常盤のブロックスと全く一緒です。

ボードにも高さが加わり、大人数で盤を囲める豪華版となっています。プレゼント用にいかがでしょうか。

ブロックス デュオ


30分

2人

7歳〜
難易度
 (3)

2人専用になったブロックス。ベージュ色のボードと白黒のタイルがおしゃれです。

盤面中央のスタートポイントにコマを置いて、ゲームを始めます。

ブロックス ミニ版


20分

2人

7歳〜
難易度
 (3)

こちらも2人専用のブロックス。ブロックス デュオと比べるとボードは白くて小さく、ピースは赤と青の2色、価格はデュオよりも安くなっています。

軽くて小さいので持ち運びに適しており、キャンプやお出かけなどでも活躍します。

ブロックス パズル


30分

1人

7歳〜
難易度
 (4)

1人専用でパズルのように遊ぶブロックスです。×印に置かないようにするシート、星を埋めるようにピースを置くシート、指定の形のピースの置き場所が決まっているシート。この3パターンのパズルが16枚ずつ、合計48種類のパズルが収録されています。

みんなで相談しながら解くもよし、ちょっとした時間つぶしにもなります。小さいので持ち運びにも優れています。

まとめ

商品名
画像
人数
難易度
定価
リンク
ブロックス
2~4人
★★★
¥3,554
ブロックス シャッフル
2~4人
★★☆
¥3,850
ブロックス トライゴン
2~4人
★★★★
¥3,465
ブロックス デラックス
2~4人
★★★
¥3,845
ブロックス デュオ
2人
★★★
¥2,376
ブロックス ミニ版
2人
★★★
¥1,296
ブロックス パズル
1人
★★★★
¥2,420

シチュエーションから選ぶ

自宅用に

ブロックス

プレゼント用に

ブロックス デラックス

ブロックス トライゴン

おしゃれさで選ぶなら

ブロックス デュオ

価格で選ぶなら

ブロックス ミニ版

2人で対戦

ブロックス ミニ版

1人でじっくり

ブロックス パズル

カードでかき乱せ!

ブロックス シャッフル